.

WAVEファイルを劣化なしに圧縮「Monkey's Audio」

音楽データを可逆圧縮して劣化なしで再生できる

(02/07/22)

「Monkey's Audio」v3.96
「Monkey's Audio」v3.96
 WAVEファイルを可逆圧縮して、劣化なしで保存したり再生できるソフト。WAVEファイル専用だが、MP3やWMAのように聴覚理論を利用して情報を間引いたりせず、データの内容を完全に保ったまま圧縮できるのが特長となっている。作成されるファイルは独自のAPE形式で、筆者が試したところポップスで6〜8割、クラシックで4〜6割と圧縮率は音楽ジャンルに左右されるようだ。コマンドプロンプトで利用できるコンソール版とGUI版があり、WAVEファイルを圧縮してAPE形式にエンコードしたり、逆にAPE形式をWAVEファイルにデコードできる。圧縮処理は処理が速くて圧縮率が悪い“Fast”から、圧縮率が良くて処理の遅い“Extra High”まで4段階から選択可能だ。もちろん、可逆圧縮のためデコードしたWAVEファイルは元のファイルから1ビットたりとも変化していない。また、「Winamp」用プラグインが同梱され、APE形式のまま再生することも可能だ。MP3やWMAのような不可逆圧縮形式の音質に飽き足らない人や、WAVEファイルを効率よく保存したい人にオススメのソフトだろう。

【著作権者】Matthew T. Ashland 氏
【対応OS】Windows 95/98/NT/2000/XP
【ソフト種別】フリーソフト
【バージョン】3.96(02/04/07)

□Monkey's Audio - a fast and powerful lossless audio compressor
http://www.monkeysaudio.com/

(齋藤 正穂)


お詫びと訂正: 記事掲載時に、「MP3やWMAのような可逆圧縮形式の音質に飽き足らない人」との記述がありましたが、実際には「MP3やWMAのような不可逆圧縮形式の音質に飽き足らない人」の誤りでした。お詫びして訂正いたします。
|
トップページへ
今日のお気に入りINDEX
Copyright (c) 2002 Impress Corporation All rights reserved.
編集部への連絡は mado-no-mori-info@impress.co.jp まで