窓の杜Logo
【第354回】

2DアクションRPG「フォーチュンサモナーズ」

剣士と魔法使い、3人の少女の連携プレイでダンジョンを攻略しよう

(08/10/10)
タイトル画面
   

 『週末ゲーム』では、インターネット上でたくさん公開されているゲームのなかから、選び抜いた良作を毎週紹介していく。今回は、仲間との協力が楽しい1人プレイ用アクションRPG「フォーチュンサモナーズ〜アルチェの精霊石〜」を紹介しよう。

精霊石の封印を解くために駆け巡る少女たちの冒険譚

職人芸を感じさせるパステル調のドット絵が目を引く
職人芸を感じさせるパステル調のドット絵が目を引く
 「フォーチュンサモナーズ〜アルチェの精霊石〜」は、主人公となる少女“アルチェ”とその仲間を操作して、“精霊石”の封印を解くための冒険を繰り広げる2DアクションRPG。主人公が通う魔法学校のクラスメイトでやさしく控えめな性格の女の子“サナ”、大金持ちのお嬢様で魔術の天才“ステラ”と協力しながら、敵を倒したり、ダンジョンの仕掛けを解いていく。パステルカラーで仕上げられたかわいらしいドット絵に目を奪われるが、気を抜いたらすぐにやられてしまう激しい戦闘に、頭をひねらなければ進めないダンジョンと、見かけによらず非常にやり応えのある内容だ。

 本作は3,780円(税込み)でダウンロード販売されており、ベクターやimpress Directなどで購入できる。序盤をプレイ可能で製品版にセーブデータを引き継げる体験版も用意されているので、そちらを試してから購入してもよいだろう。


ほんわかしたイラストや、どこか懐かしさを感じさせるストーリーも見どころだ   “精霊石”の封印を解くため、さまざまなダンジョンを探検する
ほんわかしたイラストや、どこか懐かしさを感じさせるストーリーも見どころだ   “精霊石”の封印を解くため、さまざまなダンジョンを探検する

剣士と魔法使い、それぞれ異なる操作を楽しめる

アルチェは剣士で近接戦闘が得意。さまざまな剣技をもつ
アルチェは剣士で近接戦闘が得意。さまざまな剣技をもつ
水の魔法を使えるサナは、回復やステータスアップ、遠距離攻撃が得意だ
水の魔法を使えるサナは、回復やステータスアップ、遠距離攻撃が得意だ
火属性の魔法使いであるステラは、広範囲を攻撃できる強力な攻撃魔法を繰り出す
火属性の魔法使いであるステラは、広範囲を攻撃できる強力な攻撃魔法を繰り出す
 基本的な操作はカーソルキーの左右で移動、同じ方向に2回すばやく押すとダッシュ、下でしゃがみ、上で敵の攻撃の“ガード”または扉などに入る動作となる。また、[C]キーでジャンプ、[X]キーで攻撃、[F1]キーで装備やアイテム使用といったメニューの表示だ。

 そして本作一番の特長が、[Enter]キーで操作対象のキャラクターを切り替えられること。主人公のアルチェは剣士で直接攻撃が専門、サナは回復・支援魔法、ステラは攻撃魔法を得意とする。敵や状況によって使い分けてもいいし、好みのキャラクターを使い続けるのもいいだろう。このとき、プレイヤーが操作していないキャラクターはCPU操作で自動的に動き、敵への攻撃や魔法によるサポートをしてくれる。自動操作はかなり優秀で、回復魔法を使ってくれるタイミングなども絶妙だ。自分で操作する際のお手本にもなるので、余裕があれば動きをチェックしておきたい。

 また、剣士と魔法使いでは操作方法が若干変わってくる。[X]キーによる攻撃は、アルチェは剣を振る動作だが、サナやステラの場合は長押しで魔方陣を作り、完成したところでボタンを離すことによって魔法を発動できる。使用する魔法の切り替えは[Z]キーだ。なお、アルチェの場合[Z]キーでは剣を抜く、または鞘に収める動作となる。剣を鞘に収めないとスイッチを押したり会話ができないというのも、なかなか芸が細かい。

 さらにアルチェは、対戦格闘ゲームのようなコマンド入力でさまざまな剣技を繰り出せる。たとえばカーソルキーの上と[X]キーで上空の敵に有効な“斬り上げ”、カーソルキーの前方向と[X]キーで間合いが広い“回転斬り”になるといった具合だ。また、魔法使いはレベルアップで新たな魔法を覚えるが、アルチェの場合は使えるコマンドが増えていく。たとえばジャンプ中にカーソルキーの下と[X]キーで“下突き”が繰り出せるようになるなど、アクションの幅が広がっていくのだ。

 敵もチームを組んで連携して襲ってくるので、“ガード”が非常に重要だ。攻撃によるダメージを半分以下にできるので、敵の数が多いときは無理せずにキッチリとガードして反撃の機会を伺おう。ただし、ほとんどの魔法、体当たりや落下攻撃、大型のハンマーなど強力な攻撃はガードできない。ガード不能攻撃を受けたときはダメージの数値が大きく表示されるので、次回からは相手が技を発動する前に攻撃するか、“バック転”などの回避技で回避しよう。

連携プレイでダンジョンの仕掛けをクリアしていこう

ダンジョンの仕掛けを解くのも大きな楽しみ
ダンジョンの仕掛けを解くのも大きな楽しみ
ダンジョンの奥にはボスが待ち構えている
ダンジョンの奥にはボスが待ち構えている
 ゲームの進行は、街や学校にいる人たちと会話することでイベントが発生し、ダンジョンで目的のアイテムを見つけ出すという、RPGではよくある展開が基本だ。ただの“おつかい”と思いがちだが、そのものズバリの目的が示されることは意外と少なく、『あの人が言っていたことはもしや……』と何気ない会話に伏線がうまく張り巡らされている。あからさま過ぎず、難し過ぎずの絶妙なバランスなので、街での散策も楽しくなるだろう。

 ダンジョンの仕掛けも秀逸だ。キャラクターはそれぞれに特殊能力があり、たとえば力持ちのアルチェは木箱などを押して動かすことで、スイッチを操作したり足場を作ったりできる。また、サナは魔法により水の中を進むことができるなど、場面に応じたキャラクターの使い分けがポイントだ。さらに、一人が重りとなって滑車を動かし、残りのキャラクターでスイッチを押すといったコンビネーションが必要になるなど、パズル性とアクション性を組み合わせた仕掛けが張り巡らされており、プレイヤーを飽きさせない。

 “クラスの女の子とちょっと冒険にお出かけ”というほのぼのしたストーリーとは裏腹に、敵との戦闘はなかなか熾烈だ。剣士のアルチェでも、力押しで進もうとするとアッという間に体力が尽きてしまう。敵の攻撃を的確にガードや回避しつつ、上空の敵には“斬り上げ”を、ジャンプの着地地点にいる敵には“下突き”を狙うなど、瞬時の判断が必要となるのだ。また、サラやステラは体力が少ないので、魔法を確実に発動できる間合いをしっかり見極めないと、敵に囲まれてピンチに陥ってしまう。前衛のアルチェが魔法使いの盾になるなど、チームプレイも重要になってくる。

 戦闘に自信がない場合は、敵の攻撃を自動的にガードしてくれる“オートガード”機能をオンにしたり、しっかりとレベルを上げてから先へ進もう。敵を倒しお金を貯めて装備を強化すれば、より安全に先へ進める。また、戦闘中は[F2]キーを押すだけで状況に応じた回復アイテムを適切な相手に使ってくれる“自動回復機能”もあるので、混戦で魔法使いによる回復が間に合わない場合などに活用しよう。

 ほかにも、アルチェのお父さんが営む道具屋のお手伝いをすることで道具屋の取り扱いアイテムを増やせたり、洋服を買って着せ替えができたりと、さすが3年以上の制作期間を費やした作品と思わせる作り込みだ。クリアまでは20時間以上かかるなど、ボリュームも十分にある。仕掛けも操作もシステムも、まだまだ奥が深くてここでは紹介しきれないほど。秋の夜長にじっくりと取り組めるゲームを求めているなら、この上ない1本になってくれるだろう。


おつかいを頼まれるなどおまけ要素も充実   ゲーム本編とは別に格闘ゲームのような対戦モードも搭載
おつかいを頼まれるなどおまけ要素も充実   ゲーム本編とは別に格闘ゲームのような対戦モードも搭載

【著作権者】リズソフト
【対応OS】Windows 2000/XP/Vista
【ソフト種別】体験版(製品版はダウンロード販売 3,780円(税込み))
【バージョン】-
【ファイルサイズ】86.4MB

□Lizsoft Official Web Site【リズソフト】
http://lizsoft.jp/
□窓の杜 - 【NEWS】少女たちの冒険を描く2DアクションRPG「フォーチュンサモナーズ」のβ版が公開
http://www.forest.impress.co.jp/article/2007/07/09/fs_beta.html

(芹澤 正芳)




トップページへ
週末ゲームINDEX へ
Copyright ©2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.
窓の杜編集部へのご連絡について