窓の杜Logo

【第204回】

海戦SLG「ポートロイヤル −カリブ海戦記−」体験版

帆船を操って大航海時代に名を刻むカリブ海の覇者となれ!

(04/04/16)

タイトル画面

 大航海時代や海賊と聞くだけで胸躍る人も多いのではないだろうか? 帆をいっぱいに張った船を操り、風を読み、波を読んで大海原を冒険する。それは、飛行機での移動が当たり前になった現代ではなかなか望めない、夢やロマンに満ちた自由な世界だ。実際に行動を起こすかどうかはともかくとして、いつか、何者にも束縛されない気ままな旅に出てみたいと思ったことのある人はきっと多いはず。今回紹介する「ポートロイヤル −カリブ海戦記−」は、心の中にそんな開拓者精神を抱えたプレイヤーにオススメの作品。16〜17世紀の大航海時代華やかなりし頃のカリブ海を舞台にした、非常に自由度の高い海戦シミュレーションゲームである。

スペインが最強を誇っていた時代のシナリオをスペイン所属の船員としてプレイできる
スペインが最強を誇っていた時代のシナリオをスペイン所属の船員としてプレイできる
 「ポートロイヤル −カリブ海戦記−」は、16世紀のカリブ海を舞台にイギリス、フランス、オランダ、スペインのいずれかの国に所属して、船団を率いて海賊船との戦闘や財宝探しなどのミッションをこなし、地位と名声を築いていく海戦シミュレーションゲーム。本体験版では、スペインに所属して“10年以内に3つの町をスペインに併合する”というシナリオをプレイすることが可能。プレイヤーは、無名の見習い船員としてカリブ海の島々を巡って交易をしたり、他の船団と海戦を行ったりしながら依頼されたミッションを1つずつこなして名声や報酬を獲得し、勢力を拡大しながらシナリオクリアを目指す。画面はカリブ海のマップを上空から見下ろすタイプ。マウスで海上などをクリックして帆船を移動させ、港町に入港して交易や船の修理を行ったり、海上で海賊船などと接触して海戦を行ってゲームを進行していく。

 港町では“市場”で特産品を売買したり、“造船所”で船の修理や売却を行うことが可能。また“酒場”で賭け事に挑戦して資金を稼いだり、大きな都市にある“総督府”で人や手紙を特定の町まで届けるといったミッションを引き受けることもできる。資金を稼ぎたいときは、“市場”で特産品などを安く仕入れて別の町で高く売りつけたり、“総督府”でさまざまなミッションを引き受けて報酬を獲得しよう。なお“総督府”で与えられるミッションをたくさんこなしていくと、総督に信頼されて徐々に大きな仕事を任されるようになり、最終的にシナリオクリアの条件である“併合ミッション”が与えられる。“併合ミッション”とは、他国の港町に攻撃を仕掛けて制圧するというもの。港町では激しい攻防が予想されるので、序盤からミッションを地道にこなして資金を稼ぎ、船を強化しておくとよいだろう。


初めて訪れる町は近くまで接近しないと表示されない。すべての町を見つけるため、カリブ海を隅々まで冒険しよう
初めて訪れる町は近くまで接近しないと表示されない。すべての町を見つけるため、カリブ海を隅々まで冒険しよう
 海上マップを航海しているときに自国や他国の船団または海賊船と接触すると、海戦を行う[攻撃]、情報交換を行う[歓迎]、何もせずにとおり過ぎる[無視]のコマンドが出現する。ここで[攻撃]を選択すると敵船団と向き合った画面に切り替わり、海戦が始まる。海戦では、船の側面に大砲が取り付けられているため、左右方向のみに砲撃を行うことが可能。敵船と自分の船の配置がT字になるように、敵船の前面または背後に自分の船の側面を向き合わせると、敵の砲撃を受けずに一方的な攻撃ができる。使用できる砲弾は、船体を破壊し沈没させる“巨弾”、船体に傷をつけずに乗組員のみを攻撃する“散弾”、帆にダメージを与えて動きを封じる“連弾”の3種類が用意されている。船を沈没させて完全勝利を狙うときは“巨弾”を撃ち込み、船の購入費を節約したいときなどは、“散弾”で乗組員を減らして敵船を乗っ取るなど、戦局や目的に応じて砲弾を使い分けていくとよいだろう。

 なお海戦は、どちらかの船が全滅すると終了となる。海戦で勝利した場合は、拿捕した船の積み荷を獲得したり、船自体を自分の船団に加えることができるなど、大きな成果が得られる。しかし、敗北した場合は、脱出用の小型船で命からがら逃げ出し、たどり着いた港で商人の援助を受けて小さな船から再出発しなければならない。また“併合ミッション”では、港町の湾沿いに設置された大砲をすべて破壊するのが目的となる。こちらは海戦と違い敵の大砲が固定されいるため、こちらから大砲の射程距離内に近づいていく必要がある。だが、無闇に正面から近づくと敵の集中砲火を受けるので、追い風を利用して砲門前を高速で通過しつつ砲撃を行っていこう。

 帆船の旅は風任せのためか、緊迫した場面でもどこか優雅な雰囲気が漂う本作品。リアルタイムで行う海戦の楽しさはもちろん、島々の町を廻ってこまめに交易を繰り返しているだけでもたっぷり楽しめるだろう。なお、本体験版ではプレイデータを保存できないので注意が必要だ。1回のプレイでシナリオクリアまで遊び込むのはなかなか難しいかもしれないが、それでもゲームの雰囲気は十分体験できるはず。商人や海賊、賞金稼ぎなど、毎回異なるプレイスタイルで挑戦すれば、同じシナリオでもまったく違った楽しみ方ができるのも本作品の大きな魅力だ。なお、製品版は本日16日よりパッケージ発売されており、スペイン以外の国に所属して16のシナリオをプレイすることが可能だ。本体験版を十分堪能したあとは、製品版に挑戦してみてほしい。


安く買った品物を高く売るのが交易の基本。商機を逃さず行動しよう   海戦では3種類の砲弾を使い分けて敵船を疲弊させていく。優勢になったら接舷して拿捕を狙うのがオススメだ
安く買った品物を高く売るのが交易の基本。商機を逃さず行動しよう   海戦では3種類の砲弾を使い分けて敵船を疲弊させていく。優勢になったら接舷して拿捕を狙うのがオススメだ

【著作権者】アスカロン エンターテインメント、(株)カプコン
【対応OS】Windows 98/Me/2000/XP
【ソフト種別】体験版フリーソフト
【バージョン】1.0.0.0(04/03/05)
【ファイルサイズ】167MB

□ポートロイヤル −カリブ海戦記− 公式HP
http://www.capcom.co.jp/pc/portr_t/

(肥田 明久)


©2004 ASCARON ENTERTAINMENT GmbH

トップページへ
週末ゲームINDEX へ
Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.
編集部への連絡は お問い合わせはこちらをクリック まで