2011年 窓の杜大賞

 「2011年 窓の杜大賞」では、昨年を大きく超える合計5,767名の方に投票いただきました。今年の窓の杜大賞では、地震関連ソフトが他ソフトを大きく引き離して大賞を獲得しました。3月11日に発生した東日本大震災の影響の大きさと、オンラインソフトによる災害対策も存在することを示した結果だと思われます。

 「2011年 窓の杜大賞」では、読者投票による賞と編集部が独自の視点で選出した賞を設けています。読者が選ぶ賞では、最多投票数を獲得したソフトに「窓の杜大賞」が、投票数第2位のソフトに「金賞」が、第3位に「銀賞」が、第4位に「銅賞」が贈られます。一方、惜しくも大賞や金賞などは逃したものの、完成度の高いソフトや、新しいコンセプトをもったソフトなど、3本のソフトに対して「編集部賞」をお贈りします。なお、今年は4位に同じ獲得票数のソフトが2本あったため、銅賞を2本のソフトに贈らせていただきます。

 今回初めての試みとして行われたFacebookによる投票では、複数のさまざまなストレージを単一の仮想ドライブへ統合できる「VVAULT」が1位を獲得しました。また、Facebookでは編集部がノミネートしたソフト以外にも投票できるため、「Google Chrome」のアドレスバーからTwitterに投稿できる「さらそば岬」にも票が入れられたほか、定番の画像ビューワー「IrfanView」も票を獲得していました。

窓の杜大賞 「SignalNow Express」 4071票

「SignalNow Express」

 2011年の窓の杜大賞に輝いたのは、緊急地震速報を受信してポップアップウィンドウで震源や予測震度、到達秒数を表示できるタスクトレイ常駐型ソフト「SignalNow Express」です。

 今年もっとも記憶に残った出来事といえば、なんといっても3月11日の東日本大震災でしょう。地震や津波は多くの人命を奪っただけでなく、原発事故、ひいては電力危機を引き起こし、私たちの生活に大きな影響を与えました。そんななか、消息情報の集約・管理、被災者支援、余震への注意喚起、節電の呼びかけ、在宅勤務の支援など、さまざまな場面でソフトウェアとネットワークの可能性を感じた一年でもあったように思います。

 「SignalNow Express」も、そんな可能性を感じさせたソフトのひとつです。事業者などの“高度利用者向け”に配信される緊急地震速報を受信して、デスクトップへ通知することが可能で、頻発する余震を不安に思う日々を過ごす多くの人々の助けになりました。同種のソフトは少なくなかったものの、本ソフトは精度の高い地震速報が無償で配信される点が評価され、圧倒的な支持を獲得しています。

 投票者の皆さんからは、『PCに向かっているときはTVが見れない場合も多いため、非常に役立った』『緊急地震速報の有効性を再認識した』といったコメントなどが寄せられました。災害対策とその仕組への関心を高めたことも、本ソフトの果たした大きな役割と言えるのではないでしょうか。

賞品 「Visual Studio 2010 Professional (with MSDN Essential)」
マイクロソフト(株)提供

ストラテジー株式会社
http://www.estrat.co.jp/
窓の杜 - 【REVIEW】“高度利用者向け”の緊急地震速報を受信・通知できる「SignalNow Express」
http://www.forest.impress.co.jp/docs/review/20110408_437295.html
窓の杜 - 【NEWS】緊急地震速報をPCで受信できる「SignalNow Express」の最新版v1.30.1が公開
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20110823_472143.html
窓の杜 - 【NEWS】緊急地震速報受信ソフト「SignalNow Express」の高機能有償版が公開
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20111025_486156.html

金賞 「窓の手 2010 for Windows 7」 427票

「窓の手 2010 for Windows 7」

 金賞に輝いたのは、定番WinodwsカスタマイズソフトのWindows 7専用版「窓の手 2010 for Windows 7」です。定番ソフトとして人気を保ちつつも7年間のブランクを経てWindows 7専用ソフトとして生まれ変わった本ソフトは、“ライブラリ”フォルダや“ライブサムネイル”をはじめとするWindows 7の独自機能のカスタマイズに対応しているほか、カスタマイズ項目が簡素化されてシンプルな使い勝手となっています。投票者のみなさんからは『待ちに待ってたWindows 7版です』『昔からお世話になりっぱなしですから』といった旧来のユーザーからの熱い声が多く見られました。また、『操作性がよい。万人に役立つソフトだと思う』『定番のソフトで初心者の人にもわかりやすい設定方法だから』などの使い勝手を評価する声も聞かれました。

賞品 「Expression Studio 4 Ultimate」
マイクロソフト(株) 提供

「窓の手」公式サイト
http://www.asahi-net.or.jp/~vr4m-ikw/
窓の杜 - 【NEWS】超定番Windowsカスタマイズソフト「窓の手」最新ベータ版がついに公開
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20110105_418085.html
窓の杜 - 【NEWS】Windowsカスタマイズソフトの定番「窓の手」の最新版が7年ぶりに登場
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20110509_444293.html

銀賞 「LibreOffice」 238票

「LibreOffice」

 銀賞に輝いたのは、オープンソースとして開発されている「OpenOffice.org」から派生したオフィス統合環境「LibreOffice」です。「OpenOffice.org」のバージョンアップが停止されてしまったなか、“The Document Foundation”が開発した「LibreOffice」は着実にバージョンアップを重ねています。「OpenOffice.org」にはない独自の機能も搭載されており、「Microsoft Office」との互換性も高く評価されました。また、投票者のみなさんからは『フリーながらあらゆる機能を追求していっている点が評価できる。これからも頑張ってほしい』『オフィスソフトで進化を続けているから』といった今後への期待と応援の声も多く聞かれました。

賞品 「電子書籍リーダー“Reader”/6型 Wi-Fiモデル『PRS-T1』」
Sony Corporation 製 ※海外への賞品授与となるため、海外版に変更いたしました

ホーム >> LibreOffice : 自由なオープンソースのオフィススイート
http://ja.libreoffice.org/
窓の杜 - 【NEWS】オープンソースの無償オフィス統合環境「LibreOffice」、初の安定版が公開
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20110126_422745.html
窓の杜 - 【NEWS】The Document Foundation、さまざまな改良が施された「LibreOffice」v3.4.0を公開
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20110606_451064.html
窓の杜 - LibreOffice
http://www.forest.impress.co.jp/lib/offc/document/offcsuite/libreoffice.html

銅賞 「VVAULT」 112票

「VVAULT」

 銅賞に選ばれたのは、ストレージ仮想化ソフト「VVAULT」です。余ったHDDやUSBメモリなどをひとつの仮想ディスクにまとめることが可能で、操作が比較的シンプルである点や、クライアントOS向けには無償で提供されている点が支持されました。また、「Windows Home Server 2011」では非搭載となった“Drive Extender”機能の代替としても利用可能で、専用のアドオンが提供される点を評価するコメントも多く寄せられました。これまで高価な企業向け製品にのみ搭載されていた“ストレージ仮想化”を身近なものにしてくれたという点で、本ソフトが果たした役割は大きいと感じます。

賞品 「Microsoft TOUCH MOUSE 3KJ-00006」
Microsoft Corporation 製

VVAULT - 無料で使えるストレージ仮想化ソフトウェア
http://vvault.jp/
窓の杜 - 【NEWS】オレガ、ストレージ仮想化ソフト「VVAULT」の最新版v2.1.0を公開
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20111201_494773.html
窓の杜 - VVAULT
http://www.forest.impress.co.jp/lib/sys/hardcust/virtualdrv/vvault.html

銅賞 「コミPo!」 112票

「コミPo!」

 「VVAULT」と同票で並び銅賞に選ばれたのは、絵を描かなくてもマンガを制作できるソフト「コミPo!」です。3Dモデルのキャラクターを使ってマンガを制作するという画期的なソフトながらも、誰でも簡単に使えるという手軽さが評価されました。また、「コミPo!」を使ったマンガやゲームのコンテストが開催されたり、「コミPo!」のキャラクターを活用したオンラインソフトが登場するなど、マンガだけでなくさまざまな分野を盛り上げてくれたソフトです。投票者のみなさんからも、『絵の上手い下手に関係なく自分の頭の中に描いた世界を形にできるというのは魅力的』『マンガだけでなく取説などでも利用できるところがすばらしい』といったコメントが数多く寄せられました。

賞品 「Microsoft TOUCH MOUSE 3KJ-00006」
Microsoft Corporation 製

組みたてるようにマンガをつくる。 - 漫画作成ソフト コミPo!(コミポ)
http://www.comipo.com/
窓の杜 - 【NEWS】絵を描かなくてもマンガを制作できる「コミPo!」の体験版が公開
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20101209_412976.html
窓の杜 - コミPo!
http://www.forest.impress.co.jp/lib/pic/piccam/paintptclr/comipo.html

編集部が選出した各賞の受賞作品

窓の杜編集部が選出した各賞とコメントは次のとおりです。

編集部賞 「MuRadiko」

「MuRadiko」

 今年9月に日本放送協会(NHK)が開始した、NHKラジオ第1・第2およびNHK-FMという3局のラジオ放送をインターネットを介して聴取できるサービス“らじる★らじる”。“radiko.jp”と同様のサービスをNHKが始めたことで話題を集めた“らじる★らじる”にいち早く対応したのが“radiko.jp”プレイヤーの「MuRadiko」でした。さらに、バージョンアップによってCommunity SimulRadio Alliance(CSRA)事務局が運営するWebサイト“サイマルラジオ”に対応するなど、軽快なフットワークでラジオユーザーの利便性をどこまでも高めてくれる「MuRadiko」に編集部賞を贈らせていただきます。

賞品 「USBほかほかクッション(アニマル)イヌ・ブラウン」
(株)グリーンハウス 製

村尾DOS - 漢点字の世界
http://www.muraodos.com/
窓の杜 - 【REVIEW】東日本大震災被災地区の放送も聴取できる“radiko.jp”プレイヤー「MuRadiko」
http://www.forest.impress.co.jp/docs/review/20110627_455735.html

編集部賞 「kinect-kamehameha」

「kinect-kamehameha」

 「kinect-kamehameha」は、何も触らずに操作できる摩訶不思議なゲームコントローラー“Kinect”を利用し、画面の中でドラゴンボールのスーパーサイヤ人になりきって“かめはめ波”を撃つことができるソフトです。一見なんでもない“まぶしく見えるエネルギー波”や“金色に逆だった髪の毛”の表現にも、実はさまざまな工夫やテクニックが駆使されており、無駄にクオリティが高い点がポイントです。来年に予定されている公式SDK「Kinect for Windows SDK」の正式公開を控え、本ソフトに続く楽しいお馬鹿ソフトがたくさん生まれることを期待して、編集部賞を贈ります。

賞品 「USBほかほかクッション(アニマル)イヌ・ブラウン」
(株)グリーンハウス 製

kinect-kamehameha - Project Hosting on Google Code
http://code.google.com/p/kinect-kamehameha/
窓の杜 - 【REVIEW】“Kinect”を使って“かめはめ波”を撃ったつもりになれる「kinect-kamehameha」
http://www.forest.impress.co.jp/docs/review/20110203_424640.html
窓の杜 - 【NEWS】Microsoft、「Kinect for Windows SDK」のベータ版を無償公開
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20110617_453962.html

編集部賞 「Blacksmith」

「Blacksmith」

 Mac OS Xのスタイリッシュなユーザーインターフェイスに憧れるWindowsユーザーは少なくありませんが、Windowsでもオンラインソフトを使えばいくらでもビジュアルを追求することは可能です。たとえば、今回編集部賞に輝いた「Blacksmith」。最大6つの仮想デスクトップをマウスやキーボードでシームレスに切り替え可能で、すべてのデスクトップを俯瞰したり、デスクトップ全体をおしゃれなアプリケーションランチャーに変えてしまうこともできます。また、ポータブルアプリケーションになっているので、USBメモリに入れて出先のPCで利用できるのもうれしいポイント。慣性のあるデスクトップの切り替えアニメーションなど、細かい部分にまで“格好よさ”が追求されている点を評価させていただきました。

賞品 「USBほかほかクッション(アニマル)イヌ・ブラウン」
(株)グリーンハウス 製

jLab
http://www5b.biglobe.ne.jp/~kj_ymkw/
窓の杜 - 【REVIEW】WindowsのデスクトップをAndroid風に操作できるようにする「Blacksmith」
http://www.forest.impress.co.jp/docs/review/20111128_493443.html

ページのトップへ戻る

過去の窓の杜大賞 結果発表