特集

“radiko.jp”プレイヤー&ラジオ聴取支援ソフトリンク集

専用プレイヤーやアドオンを使ってパソコンライフにラジオを取り入れよう

(10/04/01)

“radiko.jp” “radiko.jp”

 先月15日、パソコンでラジオ放送を聴取できるサービス“radiko.jp”の試験配信が開始された。“radiko.jp”は、在京民放ラジオ7局、在阪民放ラジオ6局の地上波ラジオ放送を、放送と同時に放送エリアに準じた地域へ配信する仕組みとなっており、“radiko.jp”のWebサイトへWebブラウザーでアクセスするだけで無料かつ登録不要で利用できてしまう。

 試験配信開始時は、元来のラジオ好きに加えて、ネット世界の“新しいもの好き”が押し寄せたためか、“radiko.jp”のWebサイトへアクセスしづらい状況が続いた。このとき集まった“新しいもの好き”のなかには、さしてラジオに興味がなかった人もいたかもしれない。しかし、“radiko.jp”を利用した多くの人が、パソコンとラジオの親和性の高さをあらためて実感したのではないだろうか。

 “radiko.jp”の波はオンラインソフトの世界にも押し寄せ、試験配信開始からたった半月で数多くのソフトが公開された。そこで今回は、窓の杜で“radiko.jp”プレイヤーを紹介した記事のリンク集を作成した。ラジオ聴取をサポートするソフトの紹介記事のリンクも併せて掲載したので、快適なラジオ生活を送るために利用していただければ幸いだ。

 なおこれらのソフトは、日々バージョンアップが重ねられ、より使いやすく改良されている。そのため、紹介記事には最新版の機能などが反映されていない場合もあるがご了承願いたい。

専用クライアントで“radiko.jp”を聴く

Adobe AIR製のシンプルなプレイヤー「radikoプレイヤー」
2段階で画面サイズを切り替えられるほか、自動アップデートにも対応
選局やミュートなどの操作を行える“選局パネル”で快適操作「CoRadiko」
3段階で画面サイズを調節でき、オフタイマー機能も備える
シンプルな画面で“radiko.jp”を聴取できるVistaガジェット「ラジえもん」
ラジオ番組聴取中は画面下側に広がるスペースで番組情報を確認できる
タスクトレイの右クリックメニューから選局できる「radiko-san」
ウィンドウサイズは可変で、変更したウィンドウ位置やサイズは保持される
番組表一体型で使い勝手のよい“radiko.jp”プレイヤー「Radiro」
番組表を見ながら頻繁にラジオ局を切り替えるという人にオススメ

アドオンを使って各種Webブラウザーで快適に聴取

「Google Chrome」で聴くなら「radiko player」
ボタンのクリックで表示するポップアップで選局などの操作が可能
「Firefox」を使っているなら「fireradiko」
ステータスバーの右クリックメニューから選局や停止、音量調節を行う
「Sleipnir」のサイドバーでも“radiko.jp”が聴ける「PersonalChannel」
URLをクリックするだけで“radiko.jp”を登録できる裏技も(窓の杜編集部ブログ)

ラジオ番組の聴取をサポートしてくれるソフト

“radiko.jp”のラジオ番組をFLV形式で録音できる「Radika」
TVキャプチャーソフトのような使い勝手で番組表からラジオ番組を予約録音
J-WAVEでオンエア中の番組や楽曲に関する情報を確認「J-WAVEガジェット」
J-WAVEが配信しているポッドキャストをガジェット上で再生することも可能
J-WAVEの番組情報を知らせる「Firefox」用ツールバー「J-WAVE ツールバー」
「Personas」用テーマも用意されている
TBSのテレビ・ラジオ番組と連動するガジェットの実行環境「TBSd」
番組と連動した付加情報を表示、音声をストリーミング配信できる

(加藤 達也)