REVIEW(10/04/01)

同じジャンルのソフトを探す(画像・映像・音楽)

番組表一体型で使い勝手のよい“radiko.jp”プレイヤー「Radiro」

番組表を見ながら頻繁にラジオ局を切り替えるという人にオススメ

「Radiro」v0.0.7 「Radiro」v0.0.7

用途に合わせて画面の表示方法を切り替えられる 用途に合わせて画面の表示方法を切り替えられる

 「Radiro」は、パソコンでラジオ放送を聴取できるサービス“radiko.jp”をWebブラウザーを起動せずに快適に利用できるソフト。Windows 2000/XP/Vista/7およびXP/Vista/7の64bit版に対応するフリーソフトで、作者のWebサイトからダウンロードできる。

 特長は、用途に合わせて画面の表示方法を切り替えられること。フルサイズの状態では、画面左側に“radiko.jp”の再生画面が表示され、右側に番組表が表示された番組表一体型のスタイルとなる。また、再生画面のみを表示したり、再生画面上側にある再生・停止ボタンまでを表示できるほか、番組表のみを表示することも可能。

 画面の切り替えは、再生画面の上に用意された独自のツールバーやショートカットキーで行える。またツールバーでは、プルダウンメニューで再生するラジオ局を選択したり、音声をミュートするといった操作も可能。さらに、選局やミュートの操作をホットキーで行うこともできる。

 番組表の使い勝手もよく、現在の時刻に合わせて番組表が自動でスクロールする上、放送中の番組が色分け表示される仕組みとなっている。さらにオフタイマー機能を備えており、指定した時刻に本ソフトを終了させたり、Windowsをシャットダウンさせることが可能。

 また、操作をしないときはタスクトレイに格納しておくことができ、タスクトレイアイコンの右クリックメニューからも、選局やミュート、オフタイマーの設定といった操作を行える。

 ラジオ番組を聴取する際、BGM代わりに同じラジオ局の番組を流し続けるのではなく、番組表を見ながら頻繁にラジオ局を切り替えるという人は、番組表一体型の本ソフトを試してみてはいかがだろうか。

【著作権者】
tuck 氏
【対応OS】
Windows 2000/XP/Vista/7/XP x64/Vista x64/7 x64
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
0.0.7(10/03/31)

(加藤 達也)