ニュース

他のブラウザーからの移行ツールや印刷プレビュー機能が追加された「Opera 26」が公開

ブックマークの同期・共有機能の標準搭載は見送られる

「Opera」v26.0.1656.24

 ノルウェーのOpera Software ASAは、デスクトップ向けWebブラウザー「Opera」の最新正式版v26.0.1656.24を公開した。本ソフトはWindows XP以降に対応するフリーソフトで、編集部にて64bit版のWindows 8.1で動作を確認した。現在、同社のWebサイトや窓の杜ライブラリからダウンロードできる。

 「Opera 26」では、レンダリングエンジン“Blink”が「Google Chrome」の最新安定版v39.0.2171.65相当へと更新された。このアップデートでは多数の脆弱性が修正されているので、なるべく早めに更新しておきたい。

 そのほかにも、他のWebブラウザーからブックマークや閲覧履歴をインポートするためのツール“ブックマークと設定のインポート”が追加されたほか、印刷プレビュー機能が搭載されるなどの改善が施されているようだ。

“ブックマークと設定のインポート”ツール
印刷プレビュー機能

 なお、「Opera Developer 26」で搭載されたブックマークの同期機能タブメニュー、「Opera beta 26」でテストされていたブックマークの共有機能などの標準搭載は残念ながら見送られている(“opera://flags”画面から試験運用機能として有効化することは可能)。今後のバージョンに期待したい。

ソフトウェア情報

「Opera」
【著作権者】
Opera Software ASA
【対応OS】
Windows XP以降(編集部にてWindows 8.1で動作確認)
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
26.0.1656.24