NEWS(10/04/14 13:45)

同じジャンルのソフトを探す(オフィス)

深刻度“Critical”の深刻な脆弱性を15件修正した「Adobe Reader」v9.3.2が公開

本バージョンから一般ユーザーでも自動アップデート機能が利用可能に

「Adobe Reader」v9.3.2 「Adobe Reader」v9.3.2

自動アップデート機能が一般ユーザーでも利用可能に 自動アップデート機能が一般ユーザーでも利用可能に

 米Adobe Systems Incorporatedは13日(現地時間)、同社製のPDFビューワー「Adobe Reader」の最新版v9.3.2を公開した。最新版の変更点は、深刻度が同社の評価で最高となる“Critical”と位置付けられた脆弱性を15件修正したこと。どの脆弱性も任意コードの実行を許すおそれがある深刻なもので、同社では早急なアップデートを呼びかけている。

 なお、これまでテスト目的で一部ユーザー向けに提供されていた自動アップデート機能が、本バージョンから一般ユーザーでも利用できるようになっている。本機能を利用すれば、これまでも可能であったアップデートファイルのダウンロードだけでなく、そのインストール作業まで自動で行える。

 本機能を利用するには、まず[編集]−[環境設定]メニューを選択して、“環境設定”ダイアログを表示しよう。次に、ダイアログ画面左にあるリストから“アップデーター”を選択する。すると、画面右に3つのラジオボタンが現れるので、そのなかから“自動的にアップデートをインストールする”を選択すればよい。

 本ソフトは、Windows 2000/XP/Server 2003/Vista/Server 2008/7および64bit版のWindows XP/Vista/7などに対応するフリーソフトで、現在同社のWebサイトからダウンロードできる。また、旧バージョンの「Adobe Reader」v8.2.1および製品版「Adobe Acrobat」v8.2.1/9.3.1にも同様の脆弱性が存在し、それぞれアップデートプログラムが公開されている。

【著作権者】
Adobe Systems Incorporated
【対応OS】
Windows 2000/XP/Server 2003/Vista/Server 2008/7/XP x64/Vista x64/7 x64
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
9.3.2(10/04/13)

(柳 英俊)