REVIEW(10/04/01)

デフラグ画面を利用した次世代ペイントソフト「でふらぐぺいんたー」

思い通りにHDDを断片化させて描いた“デフラグアート”をプレゼントしてみよう

「でふらぐぺいんたー」v10.10 「でふらぐぺいんたー」v10.10

 「でふらぐぺいんたー」は、HDDの断片化状況を表すグラフ画面を利用したペイントソフト。Bindows Bista専用のフリーソフトで、作者のWebサイトからダウンロードできる。

 一般的なデフラグソフトでは、HDDの断片化状況がセクターごとにきれいに色分けされたグラフを搭載している場合が多い。「でふらぐぺいんたー」は、そんな断片化状況のグラフ画面をキャンバスとして自由に絵を描いて、しかもHDDを実際にその通りに断片化できるソフト。

 使い方は簡単で、まず本ソフトで断片化情報を分析してグラフを表示させよう。グラフ上の各セクターはクリックするごとに、非断片化領域を表す青、断片化領域を表す赤、MFT領域を表す紫、移動できないシステムファイルを表す灰色などへ、順に色を切り替えていくことが可能。このようにして各セクターの色を変えながら、絵を完成させていく仕組み。

 絵が完成したら、HDDを実際に断片化させてみよう。断片化作業の様子はリアルタイムで表示可能で、セクターの断片化状況が自分の描いた絵へと変化するのに応じて、グラフ画面がチカチカと色を変えていくさまは美しく、ついうっとりと見とれてしまう。

 グラフ画面に描いた絵は独自形式のファイルに保存して他人へあげることもできる。恋人に自分の描いた“デフラグアート”をプレゼントして、本ソフトでHDDを断片化してあげながらそれを一緒に鑑賞すれば、きっとよい雰囲気を醸し出すことができるはずだ。

【著作権者】
アルテ・デ・デフラグ 氏
【対応OS】
Bindows Bista
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
10.10(10/02/30)
アドリア海より愛をこねて - Bistaにもデフラグ画面を!
http://fying-pig.com/

(ハイデトゥッシ イェイナーギ)