週末ゲーム

第551回

自由なキャラクター育成を楽しめるレトロ風RPG「Wish Dragon」

レトロな雰囲気を残しつつもプレイアビリティは良好、テンポのよい中編作品

 『週末ゲーム』では、インターネット上でたくさん公開されているゲームの中から、編集部がピックアップした作品を毎週紹介していく。今回は、自由度の高いキャラクター育成が楽しめるレトロ風RPG「Wish Dragon」をご紹介する。

レトロ風でもプレイアビリティは良好、懐かしい雰囲気と今時のシステムを備えたRPG

画面はこの画像で原寸大。プレイしやすいよう2倍〜6倍まで拡大表示もできる

 「Wish Dragon」は、海で囲まれた小国で起きた事件を描くファンタジーRPG。主人公とその3人の仲間達は旅の途中で立ち寄った国で、王を殺したモンスターの討伐を依頼される。モンスターが住むという北の神殿へと向かった冒険者達だが、そこに居たのは知性をもち、無用な戦いを望まない白竜だった。竜との戦いののち、冒険者達は依頼に隠された真実に触れ、とあるダンジョンへ戦いに赴くこととなる……。

 本作はファミコン風を謳っており、レトロ調のグラフィックと音楽が特徴の作品。しかしダッシュ移動対応、戦闘の高速化が可能、どこでもセーブ可能など今時の2D RPGらしいプレイアビリティも備えている。メニューなどのインターフェイスもレトロRPGらしい素朴さを残しつつも、過度に使いにくくならないよう練られたものだ。

 さらに、レベルアップ時に向上させるステータスはプレイヤーが制御可能だったり、条件を満たせば好きなスキルを自由に覚えられるなど、キャラクター育成の楽しさも売りのひとつとなっている。

レベルアップ時に向上するステータスは8つのプリセットから自由に選択

キャラクターがちょこまかと動くのが楽しい戦闘画面

 本作の戦闘はフロントビューのコマンド選択型。戦闘システム自体はオーソドックスだが、画面の下に主人公達のグラフィックが表示され、装備した武器に応じてちょっとしたアニメが表示されるなど、賑やかなものとなっている。

 特徴はレベルアップ時のステータス向上方式。本作には8種類の職業レベルがあり、レベルアップ時は任意の職業レベルを1つ選んで上げることで、それに応じたステータスが向上する。たとえば戦士ならHPと力(攻撃力に影響)と体力(防御力に影響)、魔道士ならMPと賢さ(魔法の威力に影響)、侍なら力と素早さ(行動順に影響)が中心にアップする。

 4人の冒険者は戦士タイプ、魔道士タイプなどそれぞれ初期ステータスに若干の違いはあるが、キャラクターごとに上げられる職業レベルの制限などは一切なく、ステータスの差もレベルアップ数回で吸収できる程度なので、どのように育成するかは完全に自由。1つの職業レベルを極めるのも、バランスよくステータスを上げるのもプレイヤー次第だ。

 なお、職業はあくまで“どんなステータスを上げるか”のプリセットのようなもので、特定の職業レベルを高くすることによる効果はとくにない。

それぞれの職業レベルは、どんな成長をしてきたかの目安にもなる
戦闘終了時は、カードを選んで取得経験値やお金などにボーナスがつく“シャッフルイベント”が発生することも

スキルや装備品の利用には一定以上のステータスが必要、成長戦略を立てよう

店売りのスキルは購入前に、必要なステータスを確認できる

 キャラクターを特徴付ける要素としては、スキルと装備品もポイント。スキルは店で購入したり宝箱や敵から入手できるスキルの本を読んで覚える仕組みで、これも覚えるキャラクターに制限はないが、多くのスキルは習得のために“賢さが20以上”など一定以上のステータスを必要とする。

 また、武器や防具などの装備品もほとんどのものが、装備するために一定以上のステータスを必要とする。店売りのスキルや武器は購入する前に必要なステータスがわかるので、目当てのスキルや武器を使うために成長の方向性を決めるのも重要だ。また、条件なく装備でき、特定のステータスを上げるアクセサリなども用意されている。

 そのほか武器や防具自体も、装備することで攻撃力や防御力以外のステータスがアップするものがある。ステータスを上げて良い防具を装備し、さらにステータスが上がるので強いスキルや武器を利用する……というサイクルが、キャラクター強化の肝となるわけだ。

 さらに装備品には、クリティカルヒット発生率が上がるもの、2回攻撃やHP吸収といった特殊効果をもつものなど、さまざまな特徴付けがされている。どんな場面でも万能の装備品はなかなかないため、キャラクターの戦闘スタイルに応じた装備品選びが悩ましくも楽しいところ。特別な装備品を宝箱や敵から入手するのもダンジョン探索の醍醐味だ。

キャラクターの戦闘スタイルに合わせた装備のカスタマイズが重要
店では買えない装備品をゲットできるのもダンジョン探索の醍醐味

探索はテンポよく進行、もの悲しい雰囲気のあるシナリオも魅力

もの悲しい風情のある作品だが、ややコミカルな展開も
序盤のある場面では、オープニングムービー風のシーンが挿入される。筆者としてはファミコン風というよりは、往年のパソコンゲームのような趣を感じた

 本作のプレイ時間は8時間から10時間程度。ランダムエンカウントだがエンカウント率は高すぎず、戦闘は高速化すればサクサク進みレベルもどんどん上がるため、全体的にテンポのよいプレイ感だ。

 戦闘の難易度も、適当に戦ってはザコにも苦戦するが、味方のステータス強化スキルや敵の弱点を突く魔法などを駆使すれば、無理にレベル上げをしなくても強敵やボスを撃破できるくらいの絶妙なもの。先に進めば良い装備品が次々と手に入るので、ちまちま進めるより勇気をもって進撃するのが楽しい作品となっている。

 シナリオはダンジョン探索の進行に応じて要所要所で展開。昔のRPGらしい語りすぎない内容だが、ある王家と巫女をめぐる少しもの悲しい物語が展開し、いい意味で古臭さのあるグラフィックと合わせて、懐かしい情感を醸し出している。レトロRPGの良いところを取り込みつつも今時のRPGとして十分なプレイアビリティとシステムを備えた本作は、RPG好きなら誰でもきっと、自分なりの楽しみを見つけられる作品と言えるだろう。

ソフトウェア情報

「Wish Dragon」
【著作権者】
VeLTiNA SOFT
【対応OS】
Windows 2000/XP/Vista/7/8
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
3.50(14/02/10)

(中村 友次郎)