週末ゲーム

疾走系2D斬撃アクションゲーム「タスラッシュ!」

ゲームオーバーからも時間を巻き戻せる爽快アクション

(12/03/30)

タイトル画面

 『週末ゲーム』では、インターネット上でたくさん公開されているゲームのなかから、編集部がピックアップした作品を毎週紹介していく。今回は、ジャンプと斬撃を駆使して敵を倒していく爽快感が魅力の2Dアクションゲーム「タスラッシュ!」を紹介しよう。

時間を巻き戻せる“リバース”のTASが楽しい

連続して斬撃できるのが爽快なアクションゲーム 連続して斬撃できるのが爽快なアクションゲーム

ステージの最後には巨大なボスが待ち構える。倒すとステージクリア ステージの最後には巨大なボスが待ち構える。倒すとステージクリア

 「タスラッシュ!」は、力を求めるがゆえに闇に染まった友人を救い、平和を取り戻そうとする剣士が主人公のアクションゲーム。2Dサイドビューの画面が強制的に横スクロールしていく構成で、“並”と“難”の難易度、それぞれに3ステージが用意されている。主人公は時間を操る“TAS(Time Assist System)”という能力をもっているのが特徴で、時間を巻き戻したり、時間の流れを遅くしたり、加速させられるのが面白い。また、敵を斬っている間は空中から落ちることがなく、しかも何度でも斬ることができる。ザクザクと敵を斬っていける気持ちよさも大きな魅力だ。

 ゲームの基本的な流れは、ステージの最後に待ち構えるボスを倒せばステージクリアとシンプルだ。しかし、ほかのアクションゲームと大きく異なっているのがTASの存在。TASは時間を巻き戻せる“リバース”、時間の流れをゆっくりにする“スロウ”、時間の流れを加速する“アクセル”の3種類。ステージ1の開始前にどのTASを使用するか選択することになり、途中で変更できないので慎重に選びたい。ちなみに、TASは発動させると画面右上にあるTASゲージが減っていき、ゼロになると使えなくなる。TASゲージは時間経過や敵を倒すことで少しずつ回復する。

 TASのなかでオススメなのがリバースだ。なぜなら、このゲームは落とし穴に落ちると即ゲームオーバーとなってしまうため。万が一、穴に落ちてもリバースを使えば落ちる前の状態に戻せるため、ゲームオーバーを回避できる。また、体力がゼロになってもリバースを使えば、体力が残っている状態に戻れるのも便利。敵に与えたダメージは巻き戻らないので、ボスをもう少しで倒せるのに体力がゼロになってしまった、といった状況で非常に有効だ。TASゲージが残っていれば、ゲームオーバーの画面からも時間を戻せるのが面白い。なお、リバースで巻き戻せるのは、TASゲージが最大の状態で約2秒分だ。

 また、スロウでは敵の動きや地形のスクロールを遅くして回避などをしやすくし、アクセルでは敵、スクロール、プレイヤーすべての動きが速くなる。アクセルのメリットはステージクリアまでの時間が短くなることで、これによりクリア時に得られるスコアが上昇する。上級者向けの能力と言えるだろう。

時間を操る能力であるTASは3種類。ゲーム開始時に選べる 時間を操る能力であるTASは3種類。ゲーム開始時に選べる

TASの発動中は画面上に“TAS”と大きく表示される TASの発動中は画面上に“TAS”と大きく表示される

 なお、敵や敵弾に触れると画面上部にある“体力”ゲージが減っていき、ゼロになるとゲームオーバー。コンティニューは何度でもできるので、クリアするまで再チャレンジができる。基本的にはコンティニューするとステージの最初に戻されるが、ボスまでたどり着ければボス戦から再開が可能だ。

空中で連続して斬撃できる気持ちよさ

 キーボードでの操作方法は、カーソルキーの左右で移動、[Z]キーで攻撃、[X]キーでジャンプ、[C]キーでTASの発動、左[Shift]キーでダッシュとなっている。ダッシュは移動方向にカーソルキーを2回すばやく押すことでも可能だ。また、ジャンプ中にもう一度ジャンプボタンを押すと、さらに高い位置へ飛べる2段ジャンプとなる。高い足場への移動や敵弾を避けるときに有効だ。

 このほか、設定で操作モードを“テクニカル”に変更すると、連続して剣を振ることができずスキも大きいが、敵に大ダメージを与えられる“強攻撃”を[X]キーで出せるようになる。その場合は[C]キーがジャンプ、スペースキーがTASへと操作が変化する。

 さらにどちらのモードでも、カーソルキーを下→上と入力したあとに[Z]キーで連続突き、カーソルキーの上を押しながら[Z]キー3連打で打ち上げ攻撃など、移動と攻撃のキーを組み合わせてさまざまな攻撃を繰り出すことが可能だ。

 ゲームパッドでの操作にも対応している。アクションゲームなのでゲームパッドを使用するとスムーズに操作できるが、設定画面などからはボタン配置を変更できないのが難点。ボタン配置を変えたい場合は、ゲームをインストールしたフォルダ以下の“Xml”サブフォルダにあるファイル“KeyConfig.xml”をメモ帳などのテキストエディターで開く。これがテキスト形式の設定ファイルになっているので、各アクションに対応するボタンの数値を変更しよう。数値がゲームパッドのどのボタンに対応しているかはゲームパッドによって異なるので、何度か数字を入れ替えて試すといいだろう。

 ゲームを進める上で注意したいのは、強制的に画面がスクロールするため、段差のある地形で低い位置にいるとスクロール時に壁に挟まってしまうこと。壁に挟まると大ダメージとなってしまうため、なるべく画面の中心付近にいるよう心がけたい。

 このほか知っておきたいテクニックは、ジャンプして敵を斬ると、さらに上昇できること。連続して斬れば天井まで簡単に行き着ける。空中で敵を倒し続ければ落とし穴を回避しつつ先に進めるので、ぜひとも活用していきたい。また、敵弾は剣を当てるとはじき返すことができ、その敵弾は敵に当たるとダメージを与えられる。敵弾は避けるのではなく、剣で跳ね返すクセをつけておくと効率よく敵を倒せるのだ。

空中で敵を斬るとさらに上昇できる。落とし穴の回避にも役立つテクだ 空中で敵を斬るとさらに上昇できる。落とし穴の回避にも役立つテクだ

敵弾は剣で跳ね返せる。跳ね返した敵弾で敵にダメージを与えることが可能だ 敵弾は剣で跳ね返せる。跳ね返した敵弾で敵にダメージを与えることが可能だ

難易度を“難”にするとステージ1からかなりの難しさとなる 難易度を“難”にするとステージ1からかなりの難しさとなる

 落とし穴が多く、ステージ2以降の難易度は少々高めだが、空中での斬撃やTASを駆使して乗り越えていくのが楽しい。強制的にスクロールすることもあり、テンポよく進むのでちょっとした時間で手軽に遊べるだろう。その一方で難易度を“難”にするとステージ1から難しく、手応えのあるアクションゲームが好きな人にオススメできるのもポイントだ。

【著作権者】
Kawaz
【対応OS】
Windows XP以降(編集部にてWindows 7で動作確認)
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
-

(芹澤 正芳)