今日のお気に入り

声が出せないときの音声読み上げ『「しゃべります。」(仮)』

筆談代わりに入力文字列を音声で読み上げ、スピード調節や読み直しも簡単

(10/02/08)

『「しゃべります。」(仮)』v0.01 『「しゃべります。」(仮)』v0.01

 入力した日本語文字列を手軽に読み上げられる発語支援ソフト。たとえば喉を痛めるなど何らかの事情で声が出せない状況で、隣室の人を呼んだり電話連絡が必要な場合などにお勧め。

 細長いテキストボックスに任意の日本語を1行入力して[しゃべる]ボタンを押すと、男声の合成音声で流ちょうに読み上げてくれる。速さは[おそく][はやく]のボタンで調節可能。

 読み上げは2つのモードがあり、“かしこいモード”なら漢字仮名交じり文を読み上げられるが、たまに漢字の読み間違いもある。一方“たんじゅんモード”はひらがなしか読めないが、読み間違いは起こりにくいので、うまく使い分けよう。直前に読み上げた文字列はボタンひとつで再入力でき、読み間違えたときの読み直しもしやすくなっている。

 なお、本ソフトは音声合成にフリーの音声合成ライブラリ「AquesTalk」、日本語解析には「茶筅」を使用している。ただしDLLなどの事前入手は不要で、本ソフトをインストールすればすぐに使える。

【著作権者】
amits 氏
【対応OS】
Windows XP/Vista/7
【ソフト種別】
フリーソフト(寄付歓迎)
【バージョン】
0.01(10/01/30)

(川原 徹也)