ニコニコ自作ゲームPick Up

第3回

ぶつかれば即爆発!! 鬼畜難易度のおつかいゲーム「たーくんのおつかい」

君はクリアできるか?

 『ニコニコ自作ゲームPick Up』では、“ニコニコ動画”で開催されている自作ゲームの祭典“ニコニコ自作ゲームフェス2”の参加作品の中から、ゲームフェス運営がピックアップしたゲームを毎週紹介していく。今回は非常に難易度の高い“鬼畜ゲー”「たーくんのおつかい」を紹介する。

一見すると普通のRPGだが……

 「たーくんのおつかい」は、一見すると普通の2D見下ろし型RPGだ。主人公で五歳の少年“たーくん”は、朝起きるとお母さんからお豆腐を買ってくるように頼まれる。快く引き受けて街へ飛び出し、西にあるというお店を目指すのだが……。

 道を歩いていると、『危ない!』という掛け声と共にこちらに向かってくる馬が! そのまま道に立ち尽くしていると、急に画面が光につつまれ、ドカーン!! たーくんは爆発し、暗転した画面には『ゲームオーバー』の文字。

『うお!危ない!!』
触れた瞬間ドカーン!! 思わず『えっ!』

 そう、このゲーム、RPGゲームかと思ったらアクションゲームなのである。人や動物にぶつかるだけで、たーくんが爆発してしまうので、プレイヤーは障害物を避けながら操作しなければならない。

 しかもこのゲーム、かなりの難易度だ。セーブは通常のメニューを開いてもできないようになっており、青いクマのぬいぐるみの前でのみ可能。だから爆発するたびに、セーブポイントからやり直しなのである。

プレイヤースキル、忍耐力、そしてゲーマーとしての勘が試される

まさか行きがけの母のセリフがフラグだったなんて……

 実際にプレイしてみたところ、何度も何度も大量のニワトリや、狭い道に群れている人々といった動くNPCに接触してドカーン、ドカーン、ドカーン……。前に進める気配が一向になく、『これ本当にクリアできるのか?』と画面を前に思わず漏らしてしまう。

 進んでいけばいくほど難易度は高くなる。いやらしく配置されたNPCや謎解きの必要なゲームマップだけでなく、途中には横スクロールアクションゲームの要素も入り込んでくる。さらに、攻略するには静止しているNPCに話しかけて貴重なアドバイスやアイテムなどを手に入れる必要があるほか、戦闘シーンもあるなどRPG的な冒険要素も含まれているのだ。

 残念なことに本記事を執筆している現在、筆者は何度も挑戦し続けたが未だにゲームクリアを達成できていない。制作者本人も『なかなか難しくてクリアできないかと思いますよ』とコメントしており、その難易度はクリアできる挑戦者を待ち構えているかのようだ。

立ち止まっているNPCに話しかけよう。ヒントや時にはプレゼントも
囲まれた!オワタ\(^o^)/

 本作は、いわゆる“鬼畜ゲー”と呼ばれるジャンルの作品だ。こうしたゲームは、抜群のプレイヤースキル、何度も何度も失敗しながらやりぬく忍耐力、ゲーマーとしての勘が重要になってくることは間違いない。

 「I WANNA BE THE GUY」や、「人生オワタ\(^o^)/の大冒険」など、これまで自作ゲーム界隈の中でも数ある“鬼畜ゲー”が存在した。この「たーくんのおつかい」も、そんなゲームのひとつとして、挑戦者を待ち受けている。ぜひくじけずにチャレンジして、完全クリアを達成してほしい。

「たーくんのおつかい」
【著作権者】
DORAN 氏
【対応環境】
Windows XP/Vista/7
【ソフト種別】
フリーソフト

ニコニコ自作ゲームフェス2とは

 “ニコニコ自作ゲームフェス”は、ゲームを作る人、遊ぶ人、二次創作をする人をつなぎ、個人で作ったゲームがもっと多くのひとにプレイされるようになることを目指す祭典。2回目の開催となる“ニコニコ自作ゲームフェス2”は、2013年6月13日(木)から10月6日(日)の間で作品募集を行ない、11月4日(月)に“ゲームマーケット2013秋”の会場にて授賞式を実施する。

 応募対象は2013年6月1日時点で未発表のオリジナルゲームで、誰でも自由に遊べるように配布してあり、無料でもそれが体験できるもの。ニコニコ動画にゲームの紹介動画を投稿することで応募可能。詳細は下記公式サイトを参照してほしい。