レビュー

Androidで定番のベンチマークアプリのWindows Phone版「AnTuTu Benchmark」

Windows Phone 8.x端末とWindows 10 Mobile端末に対応

「AnTuTu Benchmark」v0.8.0 beta

 「AnTuTu Benchmark」は、Androidで定番のベンチマークアプリ「Antutu Benchmark」のWindows Phone版。Windows Phone 8/8.1およびWindows 10 Mobileに対応するフリーソフトで、“Microsoft ストア”からベータ版がダウンロードできる。

 本アプリは、Windows Phone端末のパフォーマンスを計測できるベンチマークアプリ。Googleの開発者カンファレンス“Google I/O 2014”でも利用されるなど、もともとはAndroidで人気を得たアプリだ。OSの制限により、Android版とまったくおなじアルゴリズムが利用されているわけではないが、Windows Phone界隈でもこのアプリが利用されていることが多いため、他の端末とパフォーマンスの比較を行いたい場合には役立つだろう。

 ユーザーインターフェイスは横フリックで画面を切り替える“ピボット”デザインになっている。ベンチマークを行うには、“Benchmark”画面に切り替えよう。実施するテスト項目を個別にON/OFFして[Start Benchmark]ボタンを押せば、テストが実行される。

 本アプリでは、メモリ・CPU(整数演算および浮動小数点演算)・2Dレンダリング・データベースIO・ストレージの読み書きなどのテストを実行することが可能。テスト結果は“Scores”画面で確認できる。そのほかにも、“Information”画面で端末のハードウェア情報やシステム情報をチェックすることもできる。

“Benchmark”画面
“Information”画面
ベンチマークテストの実行画面

 なお、本アプリには“ユニバーサル Windows プラットフォーム(UWP)”版も用意されており、そちらでは3Dレンダリングのテストを行うことも可能。Windows 10環境ならばデスクトップとモバイルの両方で同じテストを実施できる。こちらはまた改めてレビューする予定だ。

ソフトウェア情報

「AnTuTu Benchmark」
【著作権者】
Antutu
【対応OS】
Windows Phone 8/8.1およびWindows 10 Mobile
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
0.8.0 beta