レビュー

PCで再生されている音声を“Chromecast”に出力「Chromecast Audio Stream」

“Chromecast”が接続されたTVをPCのスピーカー代わりに

「Chromecast Audio Stream」v0.2.5

 「Chromecast Audio Stream」は、PCで再生されている音声を“Chromecast”に出力できるツール。編集部にてWindows 10で動作を確認した。“GitHub”のプロジェクトページから無償でダウンロードできる。

 本ソフトを利用すると、システムで再生されているオーディオをキャプチャーして、直接“Chromecast”へストリーミングすることが可能。映像には対応しておらず、音声をストリーミングできるだけなので、実用性はそれほど高くなく、むしろサンプルコードとしての意味合いが強いかもしれない。“Chromecast”が接続されたTVを簡単にPCのスピーカーとして使えるのは面白いが、スピーカーやヘッドフォンで直接再生するのと比べると少し遅延が大きくなるのが気になる。しかし、BGMを聴くといった用途であれば大きな問題にはならないのではないだろうか。

 本ソフトはタスクトレイ常駐型のツールで、ユーザーインターフェイスはタスクトレイアイコンとその右クリックメニューのみで構成されている。動作方法は簡単で、右クリックメニューに同じネットワーク上にある“Chromecast”が列挙されるので、出力先の“Chromecast”を選択するだけでよい。試しにPCでサウンドを再生すれば、“Chromecast”側にも出力されるはずだ。

ソフトウェア情報

「Chromecast Audio Stream」
【著作権者】
Mathieu Gosbee 氏
【対応OS】
Windows(編集部にてWindows 10で動作確認)
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
0.2.5(15/12/11)