レビュー

開いたら中身が違う! PNG画像のサムネイルを偽装できる「MagicPNG」

ガンマ値サポートの有無によってPNG画像のレンダリング結果が変わるのを活用

「MagicPNG」v1.00
エクスプローラーでのサムネイル表示と、「Internet Explorer」での表示が異なる

 「MagicPNG」は、PNG形式の画像ファイルのサムネイルを偽装するツール。Windows XP以降に対応するフリーソフトで、編集部にてWindows 10で動作を確認した。作者のWebサイトからダウンロードできる。

 PNG形式の仕様では、イメージをレンダリングする際にガンマ値を指定するメタデータ(“gAMA”チャンク)を画像データに含めることができる。しかし、すべての画像ビューワーがこの“gAMA”をサポートしているわけではない。そのため、同じ画像でも表示が異なってしまう場合がある。これを逆手に取った興味深いソフトが「MagicPNG」だ。

 本ソフトを利用すると、エクスプローラーのサムネイルで見た場合と、実際にファイルを「Internet Explorer」や「Firefox」で開いた場合の見え方が異なる、不思議なPNG画像を作成することが可能。これはエクスプローラーが“gAMA”に対応していないのに対し、「Internet Explorer」や「Firefox」が“gAMA”に対応しているために起こる現象だ。

 使い方は簡単で、“元画像1(暗)”へWebブラウザーで表示したい画像を、“元画像2(明)”にエクスプローラーのサムネイルで表示したい画像を指定し、[作成]ボタンを押すだけでよい。

 作成された画像は、“gAMA”非対応の環境では“元画像2”が明るく白い格子状の線とともに表示される。しかし、“gAMA”対応環境ではガンマ値が設定された“元画像1”が浮かび上がる。そのため、エクスプローラーのサムネイルでは“元画像2”が表示されるのに、Webブラウザーでは“元画像1”が表示されるように見える。

 “gAMA”に対応しているかどうかはアプリケーション次第なので、いろいろなソフトで表示を試してみるのも一興。また、設定を微調整するとより自然な見栄えにすることもできるようなので、いろいろ試してみても面白いだろう。

ソフトウェア情報

「MagicPNG」
【著作権者】
x@rgs 氏
【対応OS】
Windows XP以降(編集部にてWindows 10で動作確認)
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
1.00(16/02/13)