レビュー

Kaspersky Labが開発した無償のシステムクリーナー「Kaspersky Cleaner」

初心者にも扱えるシンプルなデザインながら、上級者向けのカスタマイズ性も確保

「Kaspersky Cleaner」v1.0.0.106

 「Kaspersky Cleaner」は、Kaspersky Labが開発したシステムクリーナーソフト。編集部にてWindows 10で動作を確認した。Kaspersky LabのWebサイトから英語ベータ版を無償でダウンロードできる。

 本ソフトを利用すると、システムをスキャンして不要なデータやプライベートなデータを探し出し、まとめて削除することが可能。ディスクの空き容量を確保したり、プライバシーを守るのに役立つ。基本的に「CCleaner」によく似たツールだが、細かい設定をうまく隠して初心者にも簡単に扱えるように配慮されている点や、ファイルの関連付けなどのシステム設定を初期状態へ戻したり、Windows 10のデータ収集機能を無効化する機能を備えるのが特徴といえるだろう。

 クリーンアップ処理を行うには、まず[START SCAN]ボタンを押す。するとシステムのスキャンが開始され、発見された問題点の数がカテゴリごとに集計・表示される。検出された問題の詳細は、それぞれのカテゴリをクリックすればチェックが可能。[FIX]ボタンを押せば、問題点が自動で修正される。

初心者にも扱えるシンプルなデザイン

 もしクリーンアップ処理をカスタマイズしたい場合は、メイン画面の下にあるボタンを押して設定画面にアクセスしてみよう。設定画面はカテゴリごとに4つ用意されている。

 1つ目の[SYSTEM CLEANUP]画面には、“ごみ箱”や一時データフォルダーに保存されている不要データのクリアに関する設定がまとめられている。著名なアプリケーションのログやキャッシュにも対応している。2つ目の[RESTORE SYSTEM SETTINGS]画面は、システム設定の見直しに関する設定を集約した画面で、システムやタイムアウトの設定、ファイルの関連付けをチェックするかどうかを指定できる。

 3つ目の[PRIVATE BROWSING]画面では、プライバシーに関わるキャッシュデータの削除や、OSのユーザー情報収集機能のブロック、最近使用したファイルのリスト削除といったオプションが設定可能。最後の[REMOVE ACTIVITY TRACES]画面には、閲覧履歴やCookieの削除に関する設定がまとめられている。

上級者向けのカスタマイズ性も確保

ソフトウェア情報

「Kaspersky Cleaner」
【著作権者】
AO Kaspersky Lab
【対応OS】
Windows(編集部にてWindows 10で動作確認)
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
1.0.0.106 BETA