レビュー

Windows 10への更新通知を抑止する「GWX Control Panel」

現在の状況をチェックし、ワンクリックで無効化。ファイルのクリーンアップ機能も

「GWX Control Panel」v1.7.2.0

 「GWX Control Panel」は、Windows 7/8.1からWindows 10への無償アップグレードを抑止するためのツール。寄付歓迎のフリーソフトで、編集部にてWindows 8.1で動作を確認した。作者のWebサイトからダウンロードできる。

 一部エディションを除くWindows 7/8.1環境では、期間限定でWindows 10への無償アップデートが可能だ。Windows 7/8.1はいずれサポートが終了してしまうので、特に理由のない場合は今のうちにWindows 10へのアップグレードを済ませておくのがよいだろう。

 しかし、なかには旧来の環境を残しておく必要があったり、あえて使い続けたいと望むユーザーもいる。そういったユーザーにとっては、タスクトレイに常駐してWindows 10へのアップデートを執拗に勧める“Windows 10 を入手する”アイコンは邪魔でしかない。また、誤ってアップデートを行ってしまわないかも心配だ。

 そこでお勧めなのが、「GWX Control Panel」。Windows 10への無償アップグレードに関連するさまざまな設定を確認したり、ワンクリックで有効・無効を切り替えるためのツールだ。

 本ソフトは現在の状況をチェックできる“Information”欄と、設定を切り替えるためのボタンから成る。

 “Information”欄では、“Windows 10 を入手する”アイコンの有無や、それを表示するプログラム「GWX.exe」が有効かどうか、Windows 10への無償アップグレードが許可されているかどうか、Windows 10がダウンロードされているかどうかといったことが一目で確認できる。

 もし“Windows 10 を入手する”アイコンを消してしまいたい場合は、[Click to Disable 'Get Windows 10' App(remove icon)]というボタンをクリックしてみよう。“Windows 10 を入手する”アイコンが削除され、“Information”欄の“Is 'Get Windows 10' icon app running?”のステータスが“No”へと変化するはずだ。元の状態に戻したい場合は、同じボタンをもう一度押すだけでよい。

“Windows 10 を入手する”アイコン(GWX.exe)
“Windows 10 を入手する”アイコンを消してしまいたい場合は、[Click to Disable 'Get Windows 10' App(remove icon)]というボタンをクリック
モニターモードですべてのWindows 10へのアップグレード処理が行われていないかをシステムレベルで監視

 そのほかにも、本ソフトにはWindows 10へのアップデート処理をブロックしたり、ダウンロード済みのWindows 10関連ファイルを削除する機能などが備わっている。また、システムに常駐してWindows 10へのアップグレード処理が行われていないか監視するモニターモードを搭載。この機能はすべてのユーザーに対して有効なので、家族で共有しているPCなど、他のユーザーが誤ってWindows 10へのアップグレードを行ってしまわないか心配な場合に利用するとよいだろう。

ソフトウェア情報

「GWX Control Panel」
【著作権者】
Josh Mayfield 氏
【対応OS】
64bit版を含むWindows(編集部にてWindows 8.1で動作確認)
【ソフト種別】
フリーソフト(寄付歓迎)
【バージョン】
1.7.2.0(16/01/24)