レビュー

最近閉じたフォルダーやアプリをホットキーで開き直せるようにする「UndoClose」

履歴のダブルクリックで開き直すことも。ホットキーのカスタマイズにも対応

「UndoClose」

 「UndoClose」は、最近閉じたフォルダーやアプリケーションをホットキーで開き直せるようにするツール。寄付歓迎のフリーソフトで、編集部にてWindows 10で動作を確認した。作者のWebサイトからダウンロードできる。

 うっかりアプリを閉じてしまい、スタートメニューから開き直すといったミスは、だれしも経験があるだろう。コピー&ペースト操作のときのように[Ctrl]+[Z]キーで簡単に“元に戻す”ができればいいのだが、あいにくWindowsにはそのような機能はない。そこでお勧めしたいのが「UndoClose」だ。

 本ソフトはタスクトレイに常駐し、アプリが閉じられた際にそのタイトルとパスを取得して記録する。記録された履歴は、メイン画面の“Open Last Closed App”欄で確認することが可能。履歴をダブルクリックするとアプリが開かれ、履歴から削除される仕組みだ。直近の閉じたアプリに関しては、[Ctrl]+[Shift]+[A]キーで簡単に開き直せる。

 なお、「エクスプローラー」で開いていたフォルダーが閉じられた場合は、アプリと別に“Open Last Closed Folder”へ記録される。直近の閉じたフォルダーは[Ctrl]+[Shift]+[F]キーで開き直すことが可能。これらのキーコンビネーションはユーザーが自由にカスタマイズできる。

 編集部にて試用したところ、“クイック アクセス”をはじめとする特殊なフォルダーの一部は履歴に記録されなかったが、一般のフォルダーでは正常に動作するようだ。もしそれ以外の機能が正常に動作しない場合は、[Run on system startup]オプションを有効にして「UndoClose」をスタートアップに登録し、OSを再起動してみよう。

ソフトウェア情報

「UndoClose」
【著作権者】
AddictiveTips
【対応OS】
Windows(編集部にてWindows 10で動作確認)
【ソフト種別】
フリーソフト(寄付歓迎)
【バージョン】
-