レビュー

「Office 2016」にも対応。Windows 10の情報収集機能を徹底的に無効化するツール

通信そのものを遮断するためにファイヤーウォールへのルール追加などまで行ってくれる

「Destroy Windows 10 Spying」v1.6

 「Destroy Windows 10 Spying」は、Windows 10の情報収集機能をまとめて無効化できるツール。Windows 7/8/8.1/10とServer 2008からServer 2012 R2に対応する寄付歓迎のフリーソフトで、“GitHub”のプロジェクトページからダウンロードできる。

 Windows 10ではシステムのエラーや診断情報、ユーザーの入力、位置情報といったさまざまなデータが収集され、バックグラウンドでMicrosoftへ送信されている。送られた情報は、ユーザーの利便性を向上させたり、プラットフォームを改善したり、ユーザーに適した広告を表示するために活用される。この情報収集・送信機能はユーザー側で個別に無効化することが可能だが、まとめて無効化してくれるツールを使うと簡単で便利だ。

 「Destroy Windows 10 Spying(DWS)」もそのようなツールの一つ。本ソフトの特長は、Windows 10のログ収集機能やテレメトリ機能(利用状況などのデータを収集・送信する機能)の停止だけでなく、通信そのものを遮断するためにhostsファイルの書き換えやファイヤーウォールへのブロックルールの追加などまで行ってくれるところ。先日配布された大型アップデート「Windows 10 Threshold 2(バージョン 1511)」への対応を謳っている点や、「Microsoft Office 2016」のテレメトリ機能の無効化にも対応しているのも特徴と言える。

 使い方は簡単で、[Main]タブにある[Destroy Windows 10 Spying]ボタンを押すだけでよい。情報収集機能の無効化処理が始まり、ボタンの下にある青い画面にログが出力される。さらに[Settings]タブでは、無効化処理のカスタマイズが可能。設定を変更すればWindows 10にプリインストールされているアプリ(Windows アプリ)の削除も可能だ。

[Settings]タブ
情報収集機能の無効化だけでなく、通信そのものの遮断も行う

 なお、本ソフト自体には設定を元に戻す機能が搭載されていないので注意。元の状態へ戻すには、情報収集機能の無効化処理の際に作成される復元ポイントを利用しよう。

ソフトウェア情報

「Destroy Windows 10 Spying」
【著作権者】
Nummer 氏
【対応OS】
Windows 7/8/8.1/10とServer 2008からServer 2012 R2
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
1.6(15/11/22)