レビュー

タスクトレイの“Windows 10を入手する”アイコンを非表示にできるツール

本来ならばレジストリの編集などを要する処理が手軽に行える

「Windows 10へのアップグレード抑止設定ツール」

 「Windows 10へのアップグレード抑止設定ツール」は、Windows 7/8.1からWindows 10への無償アップグレードを抑止するためのツール。Windowsに対応するフリーソフトで、編集部にてWindows 8.1で動作を確認した。作者のWebサイトからダウンロードできる。

 一部エディションを除くWindows 7 SP1環境やWindows 8.1環境では、タスクトレイに表示される“Windows 10 を入手する”アイコンなどから予約を行うことで、“Windows Update”を介して7月29日より順次Windows 10への無償アップグレードが行えるようになる。特に理由のない場合はWindows 10へのアップグレードをお勧めする。

 しかし、なかには旧来のWindows 7/8.1環境をあえて使い続けたいと望むユーザーもいるだろう。そういったユーザーにとって、“Windows 10 を入手する”アイコンは邪魔でしかないので消しておきたいところ。また、誤ってアップグレードの予約をしてしまったときのことを考えて、あらかじめ“Windows Update”を介したWindows 10のダウンロードを行わないように設定しておきたい。

 「Windows 10へのアップグレード抑止設定ツール」は、そのようなユーザーのために開発された設定ツール。本ソフトを利用すると、タスクトレイに表示される“Windows 10 を入手する”アイコンの消去と、“Windows Update”を介したWindows 10への無償アップグレードの無効化という2つの処理がワンタッチで行える。本来ならばレジストリの編集などを要する処理が、ラジオボタンを選択して[OK]ボタンを押すだけで行えるのは手軽でよい。

 元の設定に戻すのも簡単で、[Windows UpdateでのWindows 10へのアップグレードを]“抑止しない”、[タスクトレイの「Windows 10を入手する」のアイコンを]“表示する”に切り替えるだけだ。

ソフトウェア情報

「Windows 10へのアップグレード抑止設定ツール」
【著作権者】
(株)ウェブテクノロジ
【対応OS】
Windows(編集部にてWindows 8.1で動作確認)
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
-(15/07/24)