レビュー

Twitter投稿画像のオリジナルサイズを手軽にダウンロード・表示できるChrome拡張

URLに“:orig”を付けた元画像ファイルをメニュー一発でダウンロード可能に

 Twitterに投稿された画像を公式のWebインターフェイスで閲覧する際、表示サイズの大きな画像の表示には投稿時の元画像から縮小されたファイルが利用される。右クリックメニューから名前を付けて画像を保存しても、ダウンロードされるファイルは元画像そのものではない。しかしこの際、画像ファイルのURL末尾に“:orig”を付加することで、元画像へアクセスできることはご存じだろうか。

タイムライン上の画像をクリックしてポップアップ表示した後、画像の右クリックメニューから[新しいタブで画像を開く]を選択したもの。URLの末尾に“:large”が付いた大きめの画像が表示されるが、これでもまだオリジナルサイズではない
URLの末尾を“:orig”とすることで、投稿されたオリジナル画像そのものを表示できる

 これを利用することで、縮小されたファイルが表示される画像でも元画像をダウンロードすることが可能だ。とはいえ画像の右クリックメニューからURLを取得し、“:orig”を付与してアクセスしてからダウンロード……などと一連の操作を手作業でやると手間がかかる。そんなときに便利な「Google Chrome」用拡張機能を2つご紹介しよう。いずれも同じ作者によるもので、Chrome ウェブストアより導入可能。

「Twitter, Download Original Image」

 「Twitter, Download Original Image」は、オリジナル画像をすばやく手軽にダウンロードするための拡張機能。インストールするとTwitterのWebインターフェイス上で画像の右クリックメニューに[元画像を保存]項目が追加され、これを選択するとオリジナル画像をダウンロードできる。右クリックメニューを表示するのはタイムライン上でも、画像をクリックして表示されるポップアップ上でもよい。

 ダウンロード先のフォルダーなどは「Google Chrome」本体の設定に準じており、標準ではファイル選択ダイアログも表示されず即座にダウンロードされる。さらに、通常はURLの末尾が“:orig”であるためファイルの拡張子が“.jpg-orig”など画像ファイルとして認識されないものになってしまう所を、“.jpg”など通常の拡張子で保存することができ、リネームの手間を省けるのも便利だ。

 もう1つの拡張機能「Replace Tweet's image with Original」は、TwitterのWebインターフェイスで利用される画像ファイル自体を、オリジナルサイズのファイルに差し替えるというもの。

 ファイルをダウンロードするだけなら「Twitter, Download Original Image」の方が便利だが、『オリジナルサイズの画像をChrome上で見たい』という場合には、本拡張機能を入れて右クリックメニューから新しいタブで画像を開くのが手軽だ。そこからさらにファイルをダウンロードしたい場合は、「Twitter, Download Original Image」を併用すれば拡張子の問題を解決できる。

 なお、タイムラインにインライン表示されるプレビュー画像もオリジナル画像をWebブラウザー側で縮小表示したものに差し替わるため、イラストなどを劣化がない綺麗な表示で閲覧できるのもメリット。いくつかの画像で確認したところ、写真ではほぼ見分けがつかないが、精細に描き込まれたイラストなどでは比べてわかるレベルの違いが出るようだ。ただし、仕様上タイムラインの読み込みが重くなる場合もあるので注意してほしい。

ソフトウェア情報

「Twitter, Download Original Image」
【著作権者】
Y-dash 氏
【対応OS】
(編集部にてWindows 8.1で動作確認)
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
1.0.3(14/10/13)
「Replace Tweet's image with Original」
【著作権者】
Y-dash 氏
【対応OS】
(編集部にてWindows 8.1で動作確認)
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
1.0.2(14/09/22)