レビュー

人気の記号フォントを元にスタイリッシュなアイコンを簡単に作成できる「Iconion」

アイコンや背景の色、枠、影、不透明度といった効果をカスタマイズすることも可能

「Iconion」v2.1

 「Iconion」は、フリーで配布されている記号フォントを元にアイコン画像を手軽に作成できるツール。Windows/Mac OS Xに対応するフリーソフトで、編集部にてWindows 8.1で動作を確認した。本ソフトの公式サイトからダウンロードできる。なお、ダウンロードの際は名前とメールアドレスの登録が必要。

 本ソフトを利用すると、フリーの記号フォントに独自の装飾を加えて、アプリケーションやWebページに利用できるアイコン画像を出力することが可能。利用できるフォントは“Entypo”、“Font Awesome”、“Iconic”、“Linecons”、“Line Icons”、“Typicons”、“WPZOOM ”の7種類。どれもデザイン性が高く、人気の高いシンボルフォントだ。

画像の大きさとフォーマットを指定してアイコンを一括出力

 使い方は簡単。まず、メイン画面中央でプレビューを確認しながらメイン画面右側にある“Add Style”画面で好みのスタイルを選択する。このときアイコンや背景の色、枠、影、不透明度、グラデーションといった効果をカスタマイズすることが可能。Windows 8やWindows Phoneのアプリでお馴染みの、サークルで囲まれたボタンアイコンやタイル風のアイコンも作成できる。

 スタイルが決まったら、メイン画面左側にある“Select Icon”画面でフォントを選択しよう。すると、フォントが“Preview & Save”画面下にある“Selected Icons”欄へストックされていく。あとは[Save Icon]ボタンを押せば、ストックされたフォントにスタイルが適用され、アイコン画像としてまとめて出力される。

 出力の際は、画像の大きさとフォーマットを指定可能。フォーマットはBMP/JPG/PNG形式に対応している。一度アイコン画像に利用したスタイルは“Recent Styles”欄に追加され、簡単に呼び出せるようになっている。以前に作成したアイコンと統一感のあるアイコンを新たに作りたい場合にこの機能は便利だ。

 なお、本ソフトを商業目的で利用する場合は、コマーシャルライセンス(執筆時現在7,073円、税込み)の購入が必要。コマーシャルライセンスを購入すると、フリー版では鍵アイコンがついて利用できないスタイルが解放されるなどの特典も得られる。

ソフトウェア情報

「Iconion」
【著作権者】
Iconion.com
【対応OS】
Windowsなど(編集部にてWindows 8.1で動作確認)
【ソフト種別】
フリーソフト(商用の際はコマーシャルライセンス(7,073円、税込み)の購入が必要)
【バージョン】
2.1

(柳 英俊)