REVIEW(12/08/08)

同じジャンルのソフトを探す(オフィス)

Adobe社製では初となるオープンソースの英文フォント集「Source Sans Pro」

“SIL Open Font License”を採用し、商用・改変・再配布も可能

「Source Sans Pro」v1.033 「Source Sans Pro」v1.033

 「Source Sans Pro」は、Adobe社がオープンソースで公開している英文フォント集。Windows 2000/XP/Vista/7に対応するTrueType/OpenTypeフォントで、“SourceForge”のプロジェクトページからダウンロードできるほか、“Google Web Fonts”などからWebフォントとして利用することも可能。

 アルファベット、数字、記号を収録し、“ExtraLight”から“Black”までの6段階のウエイトが用意され、それぞれレギュラーとイタリックに対応している。字体は「News Gothic」と「Franklin Gothic」を参考にしたオーソドックスなサンセリフとなっており、字体での特長は小文字の“g”が二段構造になっていることくらいだろう。

 本フォント集で最大の特長は字体デザインではなく、オープンソースというライセンスと、作者がAdobe社であること。ライセンスは“SIL Open Font License”を採用しており、フォントそのものを販売しない限りは商用・非商用も問わず、改変や再配布も認められている。ただし、派生版などは同ライセンスのもとで配布しなければならない。

お詫びと訂正:記事初出時、ライセンス関連について、一部正確ではない内容がございました。お詫びして訂正いたします。

【著作権者】
Adobe Systems Incorporated
【対応OS】
Windows 2000/XP/Vista/7
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
1.033(12/07/31)

(中井 浩晶)