REVIEW(12/06/20)

同じジャンルのソフトを探す(学習・プログラミング)

バージョン管理システム「Git」を「WebMatrix 2」へ統合「Git for WebMatrix」

“拡張機能ギャラリー”から簡単にインストール可能

「Git for WebMatrix」v0.2.2 「Git for WebMatrix」v0.2.2 「Git for WebMatrix」v0.2.2

 「Git for WebMatrix」は、バージョン管理システム「Git」を「WebMatrix 2」から利用するための拡張機能。「WebMatrix」v2.0に対応するフリーソフトで、編集部にてWindows 7上の「WebMatrix」v2.0 Release Candidateで動作を確認した。

「WebMatrix」v2.0の“拡張機能ギャラリー”からインストール 「WebMatrix」v2.0の“拡張機能ギャラリー”からインストール

 本拡張機能は、「Visual Studio」用の拡張機能「Git Source Control Provider」と同じ作者によるもので、同拡張機能の「WebMatrix」版。“追加”や“変更あり”といった変更状態を表すファイルのオーバーレイアイコン、リボンボタンからの「Git」の初期化および「Git Bash」の起動、変更されたソースコードのコミット、履歴のグラフ表示など、同拡張機能でお馴染みの機能を備える。「WebMatrix」で「Git」を利用するならば入れておいて損はない。

 本拡張機能を利用するには、「Git」のクライアントソフト「Git for Windows」が必要。インストールパスは、デフォルトの“C:\Program Files\Git”(32bit版Windowsの場合)でなければならないので注意しよう。

 次に、「WebMatrix」の“拡張機能ギャラリー”から本拡張機能をインストールする。ウィザードの指示に従って作業を進めていけば、わずか数ステップでインストールは完了。あとは、「WebMatrix」を再起動させれば利用可能となる。

ソースコードのコミット ソースコードのコミット

履歴のグラフ表示 履歴のグラフ表示

【著作権者】
yysun 氏
【対応OS】
(編集部にてWindows 7で動作確認)
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
0.2.2(12/06/18)

(柳 英俊)