REVIEW(12/06/12)

同じジャンルのソフトを探す(学習・プログラミング)

編集中ファイルを“Gist”で公開できるVisual Studio拡張「GistSharpExtension」

サンプルソースを公開する用途にピッタリ

「GistSharpExtension」v1.1.3.0 「GistSharpExtension」v1.1.3.0

 「GistSharpExtension」は、「Visual Studio」で編集中のファイルを“Gist”へ新規登録できる拡張機能。「Visual Studio 2010」に対応するフリーソフトで、編集部にてWindows 7上の「Visual Studio 2010 Professional」で動作を確認した。ライブラリサイト“Visual Studio Gallery”からダウンロードできる。

 “Gist”とは“GitHub”が運営しているテキスト共有サービスで、単一ドキュメントの共有に特化しているのが特長。主要なプログラミング言語のソースコードのシンタックスハイライトに対応するほか、“GitHub”ではお馴染みの“Markdown”記法にも対応。ブログへの埋め込みもサポートしているので、ソースコードの断片やメモの共有によく利用されている。また、“Git”がベースになっているので、ドキュメントのバージョン管理や、ほかのユーザーによるフォーク(fork)やクローン(clone)が可能なのも特長と言えるだろう。

 「GistSharpExtension」は、そんな“Gist”を「Visual Studio」から手軽に利用するための拡張機能。[ツール]−[Create new gist]メニューを選択すると、現在編集中のファイルをもとに、新しい“Gist”リポジトリを作成できる。サンプルソースを公開する用途にピッタリだ。

[ツール]−[Create new gist]メニューを選択 [ツール]−[Create new gist]メニューを選択

ダイアログにアカウント情報など必要項目を入力 ダイアログにアカウント情報など必要項目を入力

新しい“Gist”リポジトリが作成される 新しい“Gist”リポジトリが作成される

 なお、“Gist”のリポジトリを作成するには“GitHub”のアカウントが必要。

【著作権者】
TAKANO Sho 氏
【対応OS】
(編集部にてWindows 7で動作確認)
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
1.1.3.0(12/06/06)

(柳 英俊)