REVIEW(12/06/08)

同じジャンルのソフトを探す(インターネット・セキュリティ)

5GBまで無償で利用可能。スイス生まれのオンラインストレージサービス“Wuala”

専用のファイル管理ソフトとエクスプローラ統合機能が利用可能

「Wuala」 「Wuala」

 “Wuala”は、2007年にスイスで始まったオンラインストレージサービス。ストレージは5GBまで無償で利用可能で、追加でストレージを購入することもできる。価格は20GBの追加購入で年額29ユーロなど。

 アクセス権限の設定やグループでのファイル共有など、どちらかと言うと小規模チームやSOHOでの利用に便利な、ビジネス向けの機能が充実しているのが特長。また、ビジネス向けということもあり、セキュリティ関連の機能が重視されている。たとえば、データはユーザーのPC上ですべて暗号化された上で送信される仕組みとなっており、“Wuala”自身ですらも内容を参照することはできないという。

 クライアントソフトはWindows版のほか、Mac OS X版、Linux版、iPhone/iPad版、Android版が用意されており、幅広いプラットフォームがサポートされているのもうれしいポイントだ。

 “Wuala”のWindows向けクライアントは、Windows XP/Vista/7に対応する。専用のファイル管理ソフトとエクスプローラ統合機能の2つから成っており、インストールする際にどれをインストールするか選択できる。

初回セットアップ時にアカウントを作成できる 初回セットアップ時にアカウントを作成できる

専用のファイル管理ソフトとエクスプローラ統合機能の2つから成っており、インストールする際にどれをインストールするか選択可能 専用のファイル管理ソフトとエクスプローラ統合機能の2つから成っており、インストールする際にどれをインストールするか選択可能

 “Wuala”のストレージをネットワークドライブ(既定では“W”ドライブ)として扱えるエクスプローラ統合機能のほうが扱いやすいが、ローカルファイルの差分バックアップや同期といった“Wuala”の機能をフル活用するにはファイル管理ソフトのインストールが必要。また、ファイルの転送速度など、パフォーマンス面でもファイル管理ソフトのほうが優れるようだ。

 ファイル管理ソフトのユーザーインターフェイスは、フォルダツリーとファイルリストから成るエクスプローラとよく似た2ペイン型になっている。機能もエクスプローラに準じており、画像ファイルの場合は内容がサムネイル表示されるほか、ドラッグ&ドロップして複数のファイルをオンラインストレージへ転送することも可能。その場合、個々のファイルアイコンに進捗状況を示す小さなプログレスバーが表示される。そのほかにも、画像をアップロードする際に一括でリサイズする機能などを備える。

エクスプローラに統合 エクスプローラに統合

専用のファイル管理ソフト 専用のファイル管理ソフト

ローカルファイルの差分バックアップや同期といった“Wuala”の機能をフル活用するにはファイル管理ソフトを ローカルファイルの差分バックアップや同期といった“Wuala”の機能をフル活用するにはファイル管理ソフトを

差分バックアップのセットアップ時には除外対象の拡張子や処理のタイミングを指定可能 差分バックアップのセットアップ時には除外対象の拡張子や処理のタイミングを指定可能

【著作権者】
LaCie AG
【対応OS】
Windows XP/Vista/7
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
Wollishofen(12/05/15)

(柳 英俊)