REVIEW(12/04/19)

同じジャンルのソフトを探す(システム・ファイル)

隠しファイル・拡張子の表示・非表示をホットキーで切り替え「Hifito」

いつもは非表示にして必要な場合のみ表示させたいといったニーズにぴったり

「Hifito」v1.0.4

「Hifito」v1.0.4 「Hifito」v1.0.4

 「Hifito」は、エクスプローラーの隠しファイルおよび拡張子の表示・非表示をホットキーで切り替え可能にするソフト。Windowsに対応するフリーソフトで、編集部にてWindows 7で動作を確認した。“SourceForge.net”のプロジェクトページからダウンロードできる。なお、本ソフトの配布ファイルは圧縮されておらず、実行ファイルそのものとなっている。

 Windowsではファイル名を読みやすくするため、標準で拡張子が表示されないように設定されている。この設定を変更するには、たとえばWindows 7の場合、まず[Alt]キーを押してエクスプローラーのメニューを表示し、[ツール]−[フォルダー オプション]メニューをクリック。続いて、表示されたダイアログで[表示]タブを選択し、“詳細設定”欄にある“登録されている拡張子は表示しない”というチェックを外す必要があり、非常に面倒だ。

 「Hifito」は、そんな拡張子の表示手順を大幅に簡略化してくれる。タスクトレイ常駐型になっており、タスクトレイアイコンの右クリックメニューから拡張子の表示・非表示を切り替えられるほか、ホットキー([Ctrl]+[Alt]+[E])で簡単に切り替えることも可能。ホットキーのカスタマイズにも対応している。

 そのほか、本ソフトは隠しファイルの表示をON/OFFする機能も搭載。こちらも、タスクトレイアイコンの右クリックメニューとホットキー([Ctrl]+[Alt]+[H])で表示・非表示を切り替えられる。通常は非表示にしておいて、必要な場合だけ瞬時に隠しフォルダを表示させたいといったニーズにぴったりだ。

隠しファイル・拡張子の表示・非表示をホットキーで切り替え 隠しファイル・拡張子の表示・非表示をホットキーで切り替え 隠しファイル・拡張子の表示・非表示をホットキーで切り替え

【著作権者】
mlesniew 氏
【対応OS】
Windows(編集部にてWindows 7で動作確認)
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
1.0.4(12/02/18)

(柳 英俊)