REVIEW(12/01/13)

同じジャンルのソフトを探す(デスクトップ)

47都道府県の名物・名所をあしらったキモかわいいイヌ達“都道府犬”の壁紙

サイズはデスクトップ向けの1,280×1024からモバイル端末向けの640×960まで

“都道府犬”のWebサイト “都道府犬”のWebサイト

“都道府犬”のWebサイト

 Webサイト“都道府犬”では、47都道府県の名物・名所をイヌ風にあしらったキャラクター“都道府犬”の壁紙を無償公開している。壁紙ファイルはJPEG形式で、サイズはデスクトップの壁紙に適した1,280×1,024から、モバイル端末の壁紙として利用できる縦長の640×960まで、計5種類が公開されている。

 “都道府犬”は、1都1道2府43県それぞれを象徴する名産品や名所などを“イヌ風”にアレンジした所謂“ゆるキャラ”。ただし、東京都を表した“東京兎”だけはウサギ風になっている。北海道・大阪府・京都府はイヌのままだが、大阪府が“都”になった暁にはウサギになるかもしれない。

 “都道府犬”の魅力は、異様だがどこか可愛らしい“キモかわいさ”。たとえば愛知県の場合、名古屋名物のエビフライ(えびふりゃー)がモチーフとなっており、カリカリッとした衣に耳と手足が生えた何とも言えない姿をしている。また、“三重犬”は真珠を、“鳥取犬”は砂丘を、“岡山犬”は桃を、それぞれあしらっているようだが、もはやイヌではない何か別の生き物にしか見えない。

 なお、Twitterのプロフィールアイコン用のサイズ(128×128)も用意されている。出身地の“都道府犬”をプロフィールアイコンに利用しても楽しいだろう。

【著作権者】
NiPo
【対応OS】
(編集部にてWindows 7で確認)
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
-(11/09/19)

(柳 英俊)