REVIEW(11/12/16)

同じジャンルのソフトを探す(インターネット・セキュリティ)

FTPサーバーを仮想ドライブとしてマウントできるコマンドラインツール「FtpUse」

ドライブレターが割り振られるので、ファイル操作系のコマンドと相性がよい

「FtpUse」v2.0 「FtpUse」v2.0

 「FtpUse」は、任意のFTPサーバーを仮想ドライブとしてマウントできるコマンドラインツール。64bit版を含むWindows XP/Server 2003/Vista/Server 2008/7に対応するフリーソフトで、作者のWebサイトからダウンロードできる。

 WindowsはOS標準でFTPクライアント機能を搭載しており、エクスプローラの“ネットワークの場所(ネットワークプレース)”へFTPサーバーを仮想フォルダとして追加できる。ドラッグ&ドロップでのファイルのダウンロード・アップロードが可能で便利だ。

 しかし、この仮想フォルダにはドライブレターが割り振られないため、コマンドラインからは扱いづらい。そこで便利なのが「FtpUse」だ。

 たとえば、MicrosoftのFTPサーバーをFドライブとしてマウントしたい場合は、

ftpuse f: ftp.microsoft.com

と指定する。ネットワークドライブを追加するWindowsのコマンド“net use”の起動オプションと互換性があるので、システム管理者にとっては覚えやすいのではないだろうか。

 本ツールで追加したFTPサーバーは、ネットワークプレースではなく“ハードディスク ドライブ”へ仮想ドライブとしてマウントされ、起動オプションで指定したドライブレターが割り振られる。ほかにもネットワークプレースへ追加した場合と若干動作が異なる部分がある。たとえば、ファイル・フォルダのプロパティ画面には、ネットワークプレースへ追加された場合より詳細な情報が表示される。

ファイル・フォルダのプロパティ画面も若干異なる(左:ネットワークプレースへ追加、右:ハードディスク ドライブへ追加) ファイル・フォルダのプロパティ画面も若干異なる(左:ネットワークプレースへ追加、右:ハードディスク ドライブへ追加) ファイル・フォルダのプロパティ画面も若干異なる(左:ネットワークプレースへ追加、右:ハードディスク ドライブへ追加)

 ネットワーク利用を考慮していないほかのコマンドラインツールと組み合わせて利用する場合などに一時的に利用すると便利。また、バッチファイルを作ってスタートアップに登録してもよいだろう。

【著作権者】
FERRO Software
【対応OS】
Windows XP/Server 2003/Vista/Server 2008/7(64bit版を含む)
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
2.0(11/02/08)

(柳 英俊)