REVIEW(11/10/18)

同じジャンルのソフトを探す(ホーム)

好きな大きさの木工家具の設計図を簡単に作図できる「もでりんビギナーズ」

寸法図と木取り図を印刷するほか、パソコン上で3D設計図として利用することも

「もでりんビギナーズ」v1.1.2 「もでりんビギナーズ」v1.1.2

 「もでりんビギナーズ」は、作りたい木工家具の種類と大きさなどを選ぶだけで、簡単に寸法図と木取り図を制作できるソフト。Windowsに対応するフリーソフトで、編集部にてWindows Vistaで動作確認した。のこぎりなどの工具を販売している(株)岡田金属工業所のWebサイトからダウンロードできる。

 あらかじめ用意された机や椅子といった家具の種類を選び、3Dモデルを見ながらできあがりの寸法を決めるだけで、木材から部品を切り出すための木取り図を作成可能。また、寸法図を作成する際は、寸法を表示する必要がある場所を指定して寸法を記入することが可能。なお、デフォルトの状態では家具の種類が5つしか用意されていないが、同社のメールマガジンを購読することで、50種類以上の家具が作成できるようになる仕組み。

木取り図の作成画面 木取り図の作成画面

寸法図の作成画面 寸法図の作成画面

寸法を決める画面 寸法を決める画面

 できあがりの寸法を決める画面では、自由に3Dモデルの角度を変更できる。また、3Dモデルを半透明やワイヤーフレームで表示したり、部品の種類ごとに色分けすることが可能で、3D設計図として利用することもできる。さらに、棚などの寸法を変更した際は、高さによって自動で棚の数を増減させることが可能。

 寸法図の作成画面では、部品の角に四角い印が付加された状態で上・正面・横から見た際の図が表示される。寸法を表示するには、まず寸法を表示したい部品の端と端へと、四角い印を順番にクリックする。すると、寸法線がマウスカーソルの位置へ向かって伸びるので、適当な場所でクリックすれば、寸法線の位置が確定する。あとは、寸法の数値を表示したい位置をクリックすればよい。

 できた寸法図や木取り図は印刷するほか、岡田金属工業所ののこぎりを購入すると無償ダウンロードできる上位版「もでりん」で編集できるファイルとして保存することも可能。

【著作権者】
(株)岡田金属工業所
【対応OS】
(編集部にてWindows Vistaで動作確認)
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
1.1.2

(長谷川 正太郎)