REVIEW(11/06/13)

同じジャンルのソフトを探す(インターネット・セキュリティ)

直感的なコンテンツの編集機能が魅力のPHP製CMS「concrete5」

「Web PI」を利用したインストールが簡単でお勧め

「concrete5」v5.4.1.1.1.ja 「concrete5」v5.4.1.1.1.ja

 「concrete5」は、直感的な編集機能が魅力のPHP製CMS。動作には「MySQL」v4.1および「PHP」が必要で、「PHP」のバージョンはv5.2.0以降が推奨されている。日本語版は、本ソフトの日本語公式サイトからダウンロード可能で、編集部にてWindows 7上で動作を確認した。

 「concrete5」の特長は、Webページ上のコンテンツを直接編集したり、ドラッグ&ドロップで自由に配置できること。これらは“ブロック”と呼ばれる部品単位で行う仕組みで、できあがりの状態を把握しやすい直感的な編集が行える。

 さらに、テーマやアドオンによる拡張、マルチユーザーによる編集や権限の設定、ページ編集の承認フローなどといった、大規模サイトに必須の機能も備える。

“ブロック”単位でのコンテンツの編集や並び替えが可能 “ブロック”単位でのコンテンツの編集や並び替えが可能 “ブロック”単位でのコンテンツの編集や並び替えが可能

 本ソフトは上述の通り日本語公式サイトからダウンロードできるが、ローカルPCで試したい場合は、Microsoft製の「Web Platform Installer(Web PI)」を利用したインストールが簡単でお勧め。ウィザードに従って必要項目を記入するだけで、動作に必要な「MySQL」や「PHP」を含めたダウンロードからセットアップまでが可能だ。

1. 「Web PI」を起動して、右上の検索ボックスで“concrete5”を検索 1. 「Web PI」を起動して、右上の検索ボックスで“concrete5”を検索

2. 英語ではないほうの「concrete5」を選択してインストールしよう 2. 英語ではないほうの「concrete5」を選択してインストールしよう

3. 必要なコンポーネントも同時にインストールされる 3. 必要なコンポーネントも同時にインストールされる

4. 必要なコンポーネントのダウンロードとインストール 4. 必要なコンポーネントのダウンロードとインストール

5. データベース名やパスワードを指定 5. データベース名やパスワードを指定

6. 「concrete5」のセットアップ 6. 「concrete5」のセットアップ

7. 完了 7. 完了

開発環境「WebMatrix」を利用すればソースコードの編集も行える 開発環境「WebMatrix」を利用すればソースコードの編集も行える

【著作権者】
Concrete CMS Inc./Usagi Project
【対応OS】
(編集部にてWindows 7で動作確認)
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
5.4.1.1.1.ja(11/05/24)

(柳 英俊)