REVIEW(11/04/11)

同じジャンルのソフトを探す(オフィス)

懐かしいMSXで使われていたフォントを再現した「MSX-WIDTH40J」「MSX-WIDTH32J」

粒子の粗いドットが“8bit感”を醸し出す

「MSX-WIDTH40J」「MSX-WIDTH32J」 「MSX-WIDTH40J」「MSX-WIDTH32J」

 「MSX-WIDTH40J」「MSX-WIDTH32J」は、1980年代に発売されたパーソナルコンピューター“MSX”で使われていたフォントを再現した英字TrueTypeフォント。Windowsなどに対応するフリーソフトで、編集部にてWindows Vistaで動作確認した。作者のWebサイトからダウンロードできる。

 “MSX”は、1983年にMicrosoftと当時のアスキーが策定したパーソナルコンピューターの規格で、家電メーカーなどがこぞって新機種を発売するなど、当時一世を風靡した。Microsoft製のBASICを搭載しており、自作のプログラムや雑誌などに掲載されたコードを打ち込んで、プログラミングを学んだ人も多いのではないだろうか。

 本フォントはそんな“MSX”で使われていたフォントをWindows上で利用できるように再現したもので、粒子の粗いドットで構成されているのが特長。「MSX-WIDTH32J」は余白が大きく取られており、「MSX-WIDTH40J」は余白が狭いこと以外に大きな違いはない。80年代の“8bit感”を醸し出したい場合などに利用するとよいだろう。なお、“MSX”の[GRAPH]キーを利用して表示する“時”“分”“秒”といった文字は収録されていないので注意。

【著作権者】
Gigamix
【対応OS】
(編集部にてWindows Vistaで動作確認)
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
-

(長谷川 正太郎)