REVIEW(11/02/01)

同じジャンルのソフトを探す(学習・プログラミング)

「Visual Studio」の“Intellisense”をHTML5対応に「HTML 5 Intellisense」

HTML5要素の入力効率が向上、スペルチェック機能もHTML5対応になる

「HTML 5 Intellisense for Visual Studio 2010 and 2008」v1.0 「HTML 5 Intellisense for Visual Studio 2010 and 2008」v1.0

 「HTML 5 Intellisense for Visual Studio 2010 and 2008」は、Microsoft製統合開発環境「Visual Studio」で“HTML5”要素の入力補完機能を利用可能にするツール。「Visual Studio」2008/2010に対応するフリーソフトで、編集部にてWindows 7上の「Visual Studio 2010 Professional」で動作を確認した。ライブラリサイト“Visual Studio ギャラリー”からダウンロードできる。

 各次世代WebブラウザーがHTML5対応を競うなか、HTML5を活用したWebアプリも徐々に増え始めてきた。また、先日はHTML5の公式ロゴマークも制定されるなど、HTML5の普及を目指した動きも本格化の兆しがみられる。開発者のなかにも、そろそろHTML5を学んでおきたいという人が多くなってきたのではないだろうか。

[テキストエディター]−[HTML]−[検証]にある“ターゲット”の設定を変更する必要がある [テキストエディター]−[HTML]−[検証]にある“ターゲット”の設定を変更する必要がある

 そんな開発者には、ぜひ本ツールをお勧めしたい。「Visual Studio」の入力補完機能“Intellisense”をHTML5へ対応させることができる。スペルチェック機能もHTML5対応になり、HTML5要素がスペルミス扱いにされることもなくなる。

 利用するには、まず本ツールをインストールする。次に「Visual Studio」を起動してオプションダイアログを開き、ツリービューを[テキストエディター]−[HTML]−[検証]とたどる。すると、“ターゲット”プルダウンメニューに“HTML 5”という項目が追加されているので、それを選択してオプションダイアログを閉じれば、HTML5対応の“Intellisense”が利用可能になる。

「HTML 5 Intellisense」の使用前 「HTML 5 Intellisense」の使用前

「HTML 5 Intellisense」の使用後(“ターゲット”を“HTML 5”へ指定) 「HTML 5 Intellisense」の使用後(“ターゲット”を“HTML 5”へ指定)

 なお、本ソフトは公式には“Express”エディションをサポートしていないものの、編集部にて「Visual Web Developer 2010 Express」でも利用できることを確認した。

【著作権者】
Mikhail Arkhipov 氏
【対応OS】
(編集部にてWindows 7で動作確認)
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
1.0(10/04/02)

(柳 英俊)