REVIEW(10/11/11)

同じジャンルのソフトを探す(インターネット・セキュリティ)

“mailto:”リンクをGmailなどのWebメールサービスで開ける「GmailDefaultMaker」

Gmail以外にもWindows Live Hotmail/Yahoo!/AOLのメールサービスに対応

「GmailDefaultMaker」v2.0.1.4 「GmailDefaultMaker」v2.0.1.4

 「GmailDefaultMaker」は、あらゆる“mailto:”リンクをGmailなどのWebメールサービスへと関連付けられるソフト。Windowsに対応するフリーソフトで、編集部にてWindows 7で動作を確認した。“CodePlex”のプロジェクトページからダウンロードできる。

 本ソフトを利用すると、Webページ上の“mailto:”リンクをクリックした際に、Webメールサービスの新規メール作成ページを開けるようになる。同様のことはWebブラウザーの拡張機能などでも実現可能だが、複数のWebブラウザーを利用している場合は本ソフトのほうが設定が簡単でよい。ただし、新規メールの作成ページを開く際、常にWindows既定のWebブラウザーが利用される点には注意。

 対応するWebメールサービスは、Gmail/Windows Live Hotmail/AOL Mailに米国版の“Yahoo! Mail”を加えた計4サービスで、利用するサービスをインストール時に設定する仕組み。タスクトレイに常駐するのではなく、“mailto:”リンクをクリックしたときだけ起動するので、システムへの負荷を気にする必要がないのはうれしい。作者によると、インストールフォルダにある“link.txt”を編集することで、動作のカスタマイズやほかのWebメールサービスへの対応も可能であるとのこと。

 なお、編集部にてIE8/Firefox/Google Chromeを用いて、Gmail/Windows Live Hotmailを利用する設定で試用したが、どのブラウザーでも正常に新規メールの作成画面を開くことができた。ただし、正式に対応がうたわれている“Google Apps”の利用を試みたところ、正常に動作しなかった。

IE8でセキュリティダイアログが表示される場合は本ソフトの実行を許可する IE8でセキュリティダイアログが表示される場合は本ソフトの実行を許可する

「Firefox」でダイアログが表示される場合は“handlemailto”を選択 「Firefox」でダイアログが表示される場合は“handlemailto”を選択

【著作権者】
jcao219 氏
【対応OS】
(編集部にてWindows 7で動作確認)
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
2.0.1.4(10/11/09)

(柳 英俊)