REVIEW(10/01/07)

同じジャンルのソフトを探す(インターネット・セキュリティ)

指定した時刻に“Twitter”へつぶやきを投稿できる「TweetSched」

WebサービスではなくローカルPCから予約投稿したい人にお勧め

「TweetSched」v1.0 「TweetSched」v1.0

アカウントの認証ダイアログ アカウントの認証ダイアログ

 「TweetSched」は、あらかじめ時刻を指定して“Twitter”へつぶやきを投稿できるソフト。Windows XP以降に対応するフリーソフトで、作者のWebサイトからダウンロードできる。なお、動作には.NET Framework 3.5が必要。

 本ソフトは、つぶやきを“予約投稿”できるタスクトレイ常駐型ソフト。同様のことを実現できるWebサービスはすでに存在するが、指定時刻まで公表してはいけない情報をつぶやきたい場合など、外部サービスを利用するのはためらわれることも少なくない。そのような場合は、ローカルPCから利用できる本ソフトを利用するとよいだろう。

 利用するにはまず、“OAuth”を利用してアカウントの認証作業を行う必要がある。初回起動時にダイアログが現れるので、[Authorize]ボタンを押そう。するとWebブラウザーでTwitterの認証ページが表示されるので、そこへIDとパスワードを入力して“許可する”を選択する。すると7桁の数字が表示されるので、それをダイアログの“PIN Number”へコピーしよう。あとは、[OK]ボタンを押せば作業終了だ。このように、“OAuth”を利用すれば本ソフトへパスワードを保存せずにアカウント認証を行うことができる。

初回起動時にダイアログが現れるので、[Authorize]ボタンを押そう。するとWebブラウザーでTwitterの認証ページが表示されるので、そこへIDとパスワードを入力して“許可する”を選択 初回起動時にダイアログが現れるので、[Authorize]ボタンを押そう。するとWebブラウザーでTwitterの認証ページが表示されるので、そこへIDとパスワードを入力して“許可する”を選択

すると7桁の数字が表示されるので、それをダイアログの“PIN Number”へコピーしよう すると7桁の数字が表示されるので、それをダイアログの“PIN Number”へコピーしよう

 つぶやきの予約投稿は、メイン画面で行う。使い方は簡単で、つぶやきと投稿時刻を入力して[Add]ボタンを押すだけでよい。すると、つぶやきの入力欄の下にある予約投稿のリストに追加される仕組み。予約投稿はあとから編集したり、削除することも可能だ。指定した時刻が来れば、Twitterへつぶやきを投稿したあと、タスクトレイアイコンのバルーンでその旨を通知してくれる。

【著作権者】
Dave Andrews 氏
【対応OS】
Windows XP以降(Windows Server 2003/Vista/Server 2008/7)
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
1.0

(柳 英俊)