REVIEW(09/10/26)

同じジャンルのソフトを探す(画像・映像・音楽)

ディテールを保ったままで画像を美しく拡大できる「SmillaEnlarger」

カクカクになった線をなめらかに補正するとともに、ノイズも目立たないように

「SmillaEnlarger」v0.8.9 「SmillaEnlarger」v0.8.9

 「SmillaEnlarger」は、ディテールを保ったままJPEG/BMP/PNG/GIF/TIFF/PPM画像を美しく拡大できるソフト。Windowsに対応するフリーソフトで、編集部にてWindows Vistaで動作確認した。作者のWebサイトからダウンロードできる。

 通常JPEG/BMP/PNG形式などの画像を拡大するとピクセルがそのまま拡大されるため、線がカクカクとした、モザイクがかかったような画像になってしまう。また、元の状態では目立たなかったノイズが目立つようになり、汚い画像になりがちだ。

 本ソフトを使えば、簡単な操作でカクカクになった線をなめらかに補正するとともに、ノイズも目立たないようにしてくれる。拡大した画像はJPEG/BMP/PNG/TIFF/PPM画像として保存可能。

 画面は4ペインに分かれており、左上ペインに元画像、右上ペインに拡大後のプレビューが表示される。左上ペインの元画像をマウスの左ドラッグで矩形選択することで画像の切り抜きも可能だ。画像の拡大率は左下ペインのスライドバーで変更でき、右下ペインでは保存ファイル名や画像補正の細かい設定を指定可能。

 拡大時の画像補整は、4種類のプリセットが用意されているほか、シャープネスやディザリングなど6種類のパラメーターをスライドバーで調整できる。さらに、左下ペインの[Enlarge]タブを[Batch]タブに切り替えることで、複数画像を一括で拡大することも可能。

「ペイント」で500%拡大した画像(左)と「SmillaEnlarger」で500%拡大した画像(右) 「ペイント」で500%拡大した画像(左)と「SmillaEnlarger」で500%拡大した画像(右)

【著作権者】
Mischa Lusteck 氏
【対応OS】
Windows(編集部にてWindows Vistaで動作確認)
【ソフト種別】
フリーソフト(寄付歓迎)
【バージョン】
0.8.9(09/09/14)

(長谷川 正太郎)