REVIEW(09/07/15)

同じジャンルのソフトを探す(インターネット・セキュリティ)

Webストレージを仮想ドライブとしてマウントできる「Gladinet Cloud Desktop」

“SkyDrive”などの大容量サービスやFTP/WebDAVを利用したファイルサーバーに対応

「Gladinet Cloud Desktop Starter Edition」v1.1.139.4045

 「Gladinet Cloud Desktop Starter Edition」は、オンライン上の各種サーバー、サービスのストレージをエクスプローラから直接利用可能にするソフト。32ビット版および64ビット版のWindowsに対応するフリーソフトで、編集部にて32ビット版のWindows Vistaで動作を確認した。作者のWebサイトからダウンロードできる。

 本ソフトは、各種オンラインストレージを仮想フォルダとして“マウント”できるタスクトレイ常駐型ソフト。エクスプローラ内に本ソフト専用の仮想ドライブを作成し、さらにその中に各種ファイルサーバーやオンラインストレージ上のファイルを管理するための仮想フォルダを作成できる。わざわざクライアントソフトやWebブラウザーを利用しなくても、エクスプローラの操作だけでファイルのアップロードやダウンロードといった作業が完結するので非常に手軽で便利だ。

 対応するのはFTPサーバーやWebDAVサーバーといったファイルサーバー、各種オンラインストレージサービスなど。とくに、無償ながら容量が25GBもある“Windows Live SkyDrive”などの大容量オンラインストレージをエクスプローラから手軽に扱えるようになるのは魅力的。また、写真共有サービス“Picasa”にも対応しており、写真をドラッグ&ドロップでアップロードできるほか、実験的ではあるが、ドキュメント共有サービス“Google Docs”にも対応しているのが面白い。

 本ソフトはローカル上でプロキシーサーバーとして動作し、サーバーへの接続を仲介する一方で、プロトコルやWebサービスのAPIの違いを吸収する仕組みだが、難しいネットワークの設定は一切必要がない。

 また、オンラインストレージの登録も簡単で、エクスプローラ上に作成された仮想ドライブ内にある、各種オンラインストレージを簡単にマウントするためのショートカットを利用するだけ。マウントしたいオンラインストレージサービスのショートカットを開き、IDやパスワードといったアカウント情報を入力すれば、サービスと連携する仮想フォルダが作成され、しばらくすると利用可能になる。

 仮想フォルダにはサーバー上のフォルダやファイルが表示され、PC上のファイル・フォルダと同じように、移動・コピー・削除などが可能。ファイルを開く際、初回利用時はファイルをダウンロードする必要があり利用まで時間がかかるが、2回目からはローカルPC上にファイルがキャッシュされるので、通常のファイルと大差ない時間で開ける上、ファイルのアップロードもバックグラウンドで自動実行されるので意識する必要がない。

ファイルの状態をアイコンで識別可能

 なお、本ソフトではファイルの状態をアイコンで示す仕組みになっている。たとえば、矢印のアイコンがついたファイルはアップロード作業中、雲のアイコンがついたファイルはオンライン上にのみ存在するファイルであることを表す。何もアイコンのないファイルはすでに同期済みで、Web上にもローカル上にも存在するファイルを示している。

 そのほか、価格59.99米ドルの上位版「Gladinet Cloud Desktop Professional」に搭載されている機能も30日間試用可能。上位版では「Gladinet Cloud Desktop Starter Edition」の機能に加え、バックグラウンドで行われているファイル転送作業をコントロールできる“TaskManager”機能や、80番ポートを利用せずIIS/ApatcheといったWebサーバーと共存可能にする機能などを利用することができる。

【著作権者】
GLADINET, INC
【対応OS】
32ビット版および64ビット版のWindows
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
1.1.139.4045(09/07/13)
 

(柳 英俊)