ニュース

GitHub、オープンソースのテキストエディター「Atom」の最新正式版v1.6.0を公開

タブの保留機能を追加したほか、「NodeGit」を同梱。次期バージョンv1.7のベータ版も

「Atom」v1.6.0
タブの保留機能を追加

 米GitHub Inc.は17日(現地時間)、オープンソースのテキストエディター「Atom」の最新正式版v1.6.0を公開した。Windows/Linux/Macに対応するクロスプラットフォームアプリで、現在本ソフトの公式サイトから無償でダウンロードできる。

 一般的なタブ切り換え型のテキストエディターの場合、ファイルツリーでファイルを選択するたびに、タブが1つずつ増えていく。しかし、ファイルの内容を編集するつもりはなく、特定の記述を探すためにファイルを閲覧しているだけの場合、タブが増えていくのは望ましくない場合もある。

 そこで本バージョンでは、タブの保留(Pending Pane Items)機能が追加された。これはファイルを選択した場合に新しいタブを開くのではなく、既存のタブを使いまわす機能で、作業中に他のファイルの中身をちょっと覗きたい場合などに役立つ。この機能は初期状態で有効になっており、設定画面で無効化することも可能。

 保留中のタブはタイトルが斜字体になっており、ダブルクリックすると保留状態が解除され、通常のタブとして振る舞うようになる。また、入力を開始した場合も、自動で保留状態が解除される。

 そのほかにもパッケージ開発者向けの強化として、マルチペインを管理するためのAPIやブロックを装飾するためのAPI、トップバーとボトムバーを実装するためのAPIなどが新たに追加された。また、JavaScriptの“Promise”オブジェクトを利用して「Git」を非同期で扱うAPIを提供するために、「NodeGit」が同梱された。これにより、既存の同期APIは非推奨となっているので注意。

 なお、同日付けで次期バージョンとなるv1.7.0のベータ版もリリースされている。本ベータ版ではWindows環境向けの改善が多く盛り込まれているほか、ポータブルモードの追加が計画されているという。

ソフトウェア情報

「Atom」Windows向け安定版
【著作権者】
GitHub Inc.
【対応OS】
Windows 7以降(編集部にてWindows 10で動作確認)
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
1.6.0(16/03/17)