ニュース

“OneDrive”上で「Skype」が利用可能に

“Office Online”にも統合。コミュニケーションを取りながら共同作業が可能

 米Microsoft Corporation傘下のSkypeは7日(現地時間)、オンラインストレージサービス“OneDrive”で「Skype」が利用可能になったことを明らかにした。「Skype」はオンライン版の「Microsoft Office」である“Office Online”にも統合されており、「Skype」ユーザーと動画・音声・テキストチャットでコミュニケーションを取りながら、ファイルやドキュメントを共有できるようになる。

 “OneDrive”で「Skype」を利用するには、画面右上にある「Skype」のアイコンをクリックする。すると画面右側にサイドパネルが現れ、ユーザーやグループを選んでメッセージをやり取りできる。このチャット履歴はドキュメントに紐づけられ、次回利用時に以前のチャットが引き続き利用できるようになっているという。

“OneDrive”や“Office Online”で「Skype」が利用可能に

 なお、テキストメッセージのやり取りはそのまま行えるが、音声や動画でのチャットを行うには追加のプラグインをインストールする必要があるので注意。初回利用時に、プラグインのインストールが案内される。