ニュース

「Slack for Windows」v2.0.0が公開、“中華フォント”問題を解決

Windows 10における通知機能の改善や“マジックリンク”への対応も

「Slack for Windows」v2.0.0

 米Slack Technologies, Inc.は23日(現地時間)、コミュニケーションサービス“Slack”のWindows向け公式クライアントソフト「Slack for Windows」の最新版v2.0.0を公開した。Windows 7以降に対応するフリーソフトで、現在“Slack”のWebサイトからダウンロードできる。

 メジャーバージョンアップとなる本バージョンでは、特にWindows 10における通知機能が改善されたほか、モバイル版向けに提供されていた“マジックリンク”がデスクトップ版からも利用できるようになった。“マジックリンク”とはパスワード不要で“Slack”にログインできるようにする仕組みで、長く複雑なパスワードを入力するのが難しい環境で役立つ。

 また、中国語のフォントが表示されるいわゆる“中華フォント”問題が解決されたのも日本語ユーザーにはうれしい改善点だ。

 そのほかにも、チームアイコンの右クリックメニューからサインアウトが行えるようになったほか、ファイルのダウンロード先を設定画面で指定できるようになった。パフォーマンスの改善や、ウイルス対策ソフトの誤検知を防ぐための修正も行われているという。

ソフトウェア情報

「Slack for Windows」
【著作権者】
Slack Technologies, Inc.
【対応OS】
Windows 7以降(編集部にてWindows 10で動作確認)
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
2.0.0(16/02/23)