ニュース

キングソフト、「Microsoft Office」との互換性を向上させた「KINGSOFT Office 2016」

1つのライセンスでPC、iOS端末、Android端末の3つで利用できるマルチライセンス

「Writer」

 キングソフト(株)は18日、「Microsoft Office」と高い互換性をもつ低価格な統合オフィス環境「KINGSOFT Office」シリーズの最新版「KINGSOFT Office 2016」を公開した。現在、同社のWebサイトや窓の杜ライブラリからダウンロード可能。

 「KINGSOFT Office」は、価格を抑えつつも「Microsoft Office」との高い互換性を実現した統合オフィス環境。ワープロソフト「Writer」、表計算ソフト「Spreadsheets」、プレゼンテーションツール「Presentation」の3つから成り、1つのライセンスでPC、iOS端末、Android端末の3つで利用できる(“マルチライセンス”機能)。

「Spreadsheets」
「Presentation」

 基本的な機能を備えた“Standard”エディション(税込み5,480円)のほか、フォントを同梱した“Standard フォント同梱版”エディション(税込み5,980円)、VBAマクロに対応した“Standard VBA対応版”エディション(税込み5,980円)などがラインナップされており、それぞれ30日間試用できる。対応OSは、Windows Vista/7/8.1/10。

 シリーズ最新版となる「KINGSOFT Office 2016」では、ユーザーからの要望が高かった「Microsoft Office 2007」以降のファイル形式(DOCX/XLSX/PPTX)に完全対応。「Writer」「Spreadsheets」「Presentation」のそれぞれでグラフの設定が行えるようになったほか、文書の一括テーマ設定やスポイト機能、新しいテーマ、色、スタイルの機能が追加されるなど、視覚効果に力を入れたドキュメントの作成が容易になっている。

 そのほかにも、「Writer」ではPDFファイルの閲覧に対応。「Microsoft Office」で作成されたドキュメントの“インク”が読み込めるようになった。新しい描画キャンパスやコンテンツコントロール機能のサポートや、レイアウトオプションに“本”が追加されるなどの改善も施された。

 「Spreadsheets」ではテーブル機能を追加。テキストボックス内の文字列方向を変更したり、セルの色、フォント色を並び替える機能も搭載された。また、新しい関数として“XNPV(定期的でないキャッシュ フローに対する正味現在価値を返す)”が追加されている。

 また、「Presentation」でもテキストボックス内の文字列方向の変更に対応。閲覧表示、配布資料マスタ、ノートマスタなどの機能やスライドのマスタのテーマなどが追加された。さらにメディアオブジェクトの再生ツールやトリミング機能も搭載。「PowerPoint」の3Dスライド効果の読み込みに対応するなど、ドキュメントの再現性も向上している。

編集部より:本ソフトには「Yahoo!ツールバー」が同梱されており、インストール時に、ユーザーの許諾無しで「Yahoo!ツールバー」を導入することを編集部で確認した。インストールされた「Yahoo!ツールバー」は、通常の手段でアンインストールできる。

17:00編集部追記:キングソフトによると、「KINGSOFT Office 2016」への「Yahoo!ツールバー」の同梱を取りやめたとのこと。また編集部でも、「KINGSOFT Office 2016」のインストール時に「Yahoo!ツールバー」が導入されないことを確認した。

ソフトウェア情報

「KINGSOFT Office 2016」
【著作権者】
キングソフト(株)
【対応OS】
64bit版を含むWindows Vista/7/8.1/10
【ソフト種別】
シェアウェア “Standard”エディション5,480円(税込み)、“Standard VBA対応版”エディション5,980円(税込み)など
【バージョン】
10.8.0.5416(16/02/18)