ニュース

画像共有サービス“Picasa”が終了。デスクトップアプリのサポートは3月15日まで

よりモダンで高機能な“Google フォト”へ一本化

「Picasa」v3.9.141

 米Google Inc.は12日(現地時間)、画像共有サービス“Picasa ウェブ アルバム”の提供を終了することを明らかにした。同社の画像共有サービスは、もう1つの“Google フォト”へと統合される。

 同社によると、“Picasa ウェブ アルバム”へ保存した写真や動画は、同じアカウントで“Google フォト”へログインすればそのまま利用できるという。ただし、写真に付けられたタグやキャプション、コメントといったメタデータは、“Google フォト”へ引き継がれない。とはいえ心配は無用で、これらのメタデータを含めた“Picasa ウェブ アルバム”のデータへアクセスするための特別な領域が“Google フォト”に用意されるとのこと。これらの変更は、5月1日より段階的に実施される。

 一方、デスクトップアプリ「Picasa」のサポートは3月15日で終了する。ダウンロード提供も同時に打ち切られるようだ。それまでに「Picasa」をダウンロード・インストールした場合は、「Picasa」をそのまま使い続けることもできるが、機能の追加やアップデートは一切行われない。

 なお、オンラインストレージと写真・動画を同期させるには、“Google フォト”に対応した「Google フォト バックアップ」が利用できる。同ソフトはWindows/Macに対応しており、同社のWebサイトから無償でダウンロード可能。また、「Picasa」からも追加インストールが行える。