ニュース

「Google Chrome 48」安定版にセキュリティアップデート。6件の脆弱性を修正

同梱の「Adobe Flash Player」プラグインも最新版のv20.0.0.306へと更新

「Google Chrome」v48.0.2564.109

 米Google Inc.は9日(現地時間)、Webブラウザー「Google Chrome」の最新安定版v48.0.2564.109を公開した。本バージョンは、脆弱性を修正したセキュリティアップデートとなっている。

 今回のアップデートで修正された脆弱性は、全部で6件。拡張機能やDOMで同一生成元ポリシーがバイパスされる欠陥(CVE-2016-1622、CVE-2016-1623)、圧縮アルゴリズム“Brotli”でバッファオーバーフローが発生する欠陥(CVE-2016-1624)などの深刻度が同社の基準で4段階中上から2番目の“High”と判定されているほか、上から3番目の深刻度“Medium”と認定された脆弱性2件などが含まれている。

 なお、同梱の「Adobe Flash Player」プラグインも最新版のv20.0.0.306へと更新されているの注意。CVE番号ベースで22件の脆弱性が修正されているので、アップデートを怠らないようにしたい。

 「Google Chrome」は、Windows XP/Vista/7/8/8.1/10および64bit版の7/8/8.1/10に対応するフリーソフトで、現在同社のWebサイトからダウンロード可能。Mac OS X/Linux版も用意されている。

ソフトウェア情報

「Google Chrome」Windows向け安定版
【著作権者】
Google Inc.
【対応OS】
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10および64bit版の7/8/8.1/10
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
48.0.2564.109(16/02/09)