ニュース

Mozilla、「Firefox」v44.0.1を公開

スタートアップ時のクラッシュを引き起こす恐れのある問題などを修正

「Firefox」v44.0.1

 Mozillaは8日、Webブラウザー「Firefox」の最新安定版となるv44.0.1を公開した。今回のアップデートでは、いくつかの不具合が修正されている。

 たとえば、キャッシュ処理の不具合により「Firefox」が不正終了する不具合が修正された。この不具合は「Firefox 44」に紛れ込んだリグレッションで、スタートアップ時のクラッシュを引き起こす原因の一つとなっていた。

 そのほかにも、特定の条件下で「Firefox」に保存されたパスワードが消えてしまう問題や、空白を名前に含むCookieが許可されない問題、サービスワーカーでWebSocketが破壊される問題、“YouTube”で音声が遅れて再生される問題などが修正された。

 「Firefox」はWindows/Mac/Linuxなどに対応する寄付歓迎のフリーソフトで、現在MozillaのWebサイトからダウンロード可能。Windows版は窓の杜ライブラリからもダウンロードできる。

ソフトウェア情報

「Firefox」Windows向け安定版
【著作権者】
contributors to the Mozilla Project
【対応OS】
Windows XP/Server 2003/Vista/7/8/10および64bit版の7以降
【ソフト種別】
フリーソフト(寄付歓迎)
【バージョン】
44.0.1(16/02/08)