ニュース

Malwarebytes、ランサムウェア対策ツールのベータ版を無償公開

高度なプロアクティブ技術でシステムを保護。マルウェア対策ツールとの共存も可能

「Malwarebytes Anti-Ransomware」v0.9.4.299

 米Malwarebytes Corporationは25日(現地時間)、システムをランサムウェアから守るためのツール「Malwarebytes Anti-Ransomware」を公開した。現在、同社のWebサイトからベータ版が無償でダウンロード可能。

 ランサムウェアはマルウェアの一種で、感染するとファイルを勝手に暗号化するなどしてユーザーがアクセスできないようにしてしまう。このアクセス制限の解除と引き換えに、“身代金(ランサム)”を要求するのがランサムウェアの手口だ。

 このランサムウェアによる被害は近年増加の傾向にあり、攻撃手法も年々狡猾さを増している。「CryptoLocker」「CryptoWall」「CTB-Locker」などが代表例で、最近メディアで名前を耳にすることが多くなったのではないだろうか。なかには実際被害にあったユーザーもいるかもしれない。

 同社によると、こうしたランサムウェアは従来のマルウェアとは動作が異なるため、一般のセキュリティソフトではシステムを十分に保護できていないのが実情だという。そこで開発されたのが「Malwarebytes Anti-Ransomware(MBAR)」だ。

 「MBAR」はシステム内で活動するランサムウェアを検知し、それがユーザーのファイルへアクセスする前に止める高度なプロアクティブ技術を搭載している。シグネチャやヒューリスティクスといった既存のマルウェア対策技術に依存していないため、他のマルウェア対策ソフトと競合することもない。同社の「Malwarebytes Anti-Malware」や「Malwarebytes Anti-Exploit」などのツールと併用することもできる。

ソフトウェア情報

「Malwarebytes Anti-Ransomware」
【著作権者】
Malwarebytes Corporation
【対応OS】
Windows(編集部にてWindows 10で動作確認)
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
0.9.4.299(16/01/25)