ニュース

Mozilla、未署名アドオンを許可するオプションの廃止を「Firefox 46」まで延期

正式版の「Firefox」でも未署名アドオンをテストできる機能を「Firefox 45」に搭載

公式ブログ“Mozilla Add-ons Blog”

 Mozillaはデジタル署名のないアドオンを許可するオプションを「Firefox 44」で削除する予定を変更し、同オプションの削除を「Firefox 46」まで延期する方針を明らかにした。

 Mozillaは「Firefox 43」以降、「Firefox」アドオンにデジタル署名を義務付けており、初期状態で未署名のアドオンは自動的に無効化されるようになった。この要件は“about:config”画面で“xpinstall.signatures.required”オプションを無効化することで解除できるが、同オプションも次期バージョンの「Firefox 44」では削除され、未署名のアドオンは完全に「Firefox」から排除される予定だった。

 22日付けで公開された公式ブログ“Mozilla Add-ons Blog”の記事によると、Mozillaでは現在、未署名の再起動不要アドオンを一時的に読み込む機能を「Firefox 45」へ追加する作業を進めているとのこと。この機能を利用すれば、アドオンの開発者は正式版の「Firefox」でアドオンの動作確認を行えるようになるという。