ニュース

Surface Pro 4/Bookにも対応。NVMe SSDを暫定サポートした「CrystalDiskInfo」v6.7.0

ベンダー製のNVMeドライバーが必要になる場合があるので注意

「CrystalDiskInfo」v6.7.0

 HDD/SSDの動作状況や健康状態がチェックできるソフト「CrystalDiskInfo」の最新版v6.7.0が、17日に公開された。本バージョンにおける主な変更点は、“NVM Express(NVMe:高速なSSDを接続するための規格)”へ暫定対応したこと。

 今後は“NVMe”の普及が見込まれるため、「CrystalDiskInfo」の“NVMe”対応は早くから計画されていた。しかし、Microsoft製の“NVMe”ドライバーが“NVME_PASS_THROUGH”というコマンドをサポートしないため、「CrystalDiskInfo」の“NVMe”サポートは難航。とある開発者から“Samsung SSD 950 Pro”での対処方法が報告されたことがきっかけで、ようやく解決の糸口がつかめたという。

 ただし、本バージョンでの“NVMe”サポートはSSDの実機を個別に解析して実現されたもので、対応するSSDは“Intel SSD 750”、“SAMSUNG SM951(Surface Pro 4で搭載)”、“SAMSUNG SSD 950 PRO(Surface Bookで搭載)”の3つにとどまる。また、“Intel SSD 750”はIntel製、“SAMSUNG SM951”はSamsung製の“NVMe”ドライバーを適用しておく必要がある。まだまだ“NVMe”対応は十分ではないが、次期メジャーバージョンアップでの正式対応を目指しているとのことなので期待したい。

 そのほかにも、本バージョンではv6.6.0でのコンパイラー変更によりSSE2に対応していないCPUで「CrystalDiskInfo」が動作しなくなっていた不具合が修正されている。

 「CrystalDiskInfo」は64bit版を含むWindows 2000/XP/Server 2003/Vista/Server 2008/7/8/Server 2012/8.1/10に対応するフリーソフトで、現在作者のWebサイトや窓の杜ライブラリからダウンロードできる。

ソフトウェア情報

「CrystalDiskInfo」
【著作権者】
ひよひよ 氏
【対応OS】
64bit版を含むWindows 2000/XP/Server 2003/Vista/Server 2008/7/8/Server 2012/8.1/10
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
6.7.0(16/01/17)