ニュース

コミュニケーションサービス“Slack”で「Skype」によるチーム通話が可能に

Microsoftが統合機能をプレビュー公開

「Skype integration for Slack」(同社ブログより引用)

 米Microsoft Corporation傘下のSkypeは14日(協定世界時)、コミュニケーションサービス“Slack”に「Skype」を統合する「Skype integration for Slack」をプレビュー版として公開した。“Slack”のチームで音声・動画チャットが手軽に行えるようになる。

 “Slack”へ「Skype」を組み込むには、製品ページにある[Add to Slack]ボタンを押す。すると“Slack”の認証ページが表示されるので、そこで「Skype」のアクセスを許可する。この際、「Skype」を利用する“Slack”のチームとチャンネルが選択可能。認証処理が済んだら、先ほど指定した“Slack”のチャンネルで“/skype”と入力してみよう。“Slack”のBOTがチーム会話を開始するためのURLを投稿してくれるので、これをクリックすると「Skype」を利用したチーム会話が行えるようになる。

「Skype integration for Slack」の製品ページ
“Slack”の認証ページで「Skype」のアクセスを許可

 なお、同社によると、この連携機能はプラットフォームを問わず利用できるとのこと。Windows環境の場合、通話にはWeb版の「Skype」が使われるので、あらかじめ専用のプラグインをセットアップしておくとよいだろう。Windows デスクトップ版「Skype」は導入の必要がない。