ニュース

Adobe、「Acrobat DC」「Acrobat Reader DC」を更新。新機能追加と17件の脆弱性修正

機能面における変更は、タブインターフェイスの強化がメイン

「Adobe Acrobat Reader DC」v15.010.20056

 米Adobe Systems Incorporatedは12日(現地時間)、「Adobe Acrobat DC」および「Adobe Acrobat Reader DC」の最新版を公開した。今回のバージョンアップは四半期ごとに行われている定例のアップデートで、新しい機能の追加や不具合の修正、セキュリティの改善などが施されている。

 機能面における変更は、タブインターフェイスの強化がメイン。たとえば、誤ってドキュメントを閉じてしまうことがないように、複数のタブを開いている状態でアプリケーションを終了しようとした場合に、確認ダイアログを表示する機能が追加された。この機能は[環境設定]ダイアログの[一般]画面で有効にすることが可能。また、複数のドキュメントを開いている場合に[ウィンドウ]−[並べて表示]メニューを利用すれば、ドキュメントをタブからウィンドウへ切り替え、縦や横に並べて見比べることができる。

誤ってドキュメントを閉じてしまう事故を防止する機能を追加
[ウィンドウ]−[並べて表示]メニュー

 なお、本バージョンでは脆弱性の修正も行われているので注意。同社が公開したセキュリティ情報(APSB16-02)によると、今回のアップデートではCVE番号ベースで17件の脆弱性が修正されているとのこと。これらの脆弱性はWindows版およびMac版に影響し、深刻度は同社基準で4段階中最高の“Critical”。更新プログラムの適用優先度はすべての製品で“2(30日程度以内を目安としたアップデートを推奨)”とされており、旧バージョンの製品を含め、なるべく早いアップデートが推奨されている。それぞれの製品バージョンは以下の通り。

  • 「Acrobat DC」(Continuous)v15.010.20056(Windows/Mac)
  • 「Acrobat Reader DC」(Continuous)v15.010.20056(Windows/Mac)
  • 「Acrobat DC」(Classic)v15.006.30119(Windows/Mac)
  • 「Acrobat Reader DC」(Classic)v15.006.30119(Windows/Mac)
  • 「Acrobat XI」v11.0.14(Windows/Mac)
  • 「Reader XI」v11.0.14(Windows/Mac)

 なお、「Acrobat DC」「Acrobat Reader DC」は“Document Cloud”製品の一部として提供されており、機能追加と不具合の修正を逐次配信する“Continuous(連続トラック)”と、「Adobe Acrobat X」「Adobe Acrobat XI」までのように四半期ごとに1度アップデートを配信する“Classic(クラシックトラック)”という2つのリリーストラックが存在する。一般的なエンドユーザーが同社のダウンロードセンターから入手しているのは“Continuous”版となる。

 また、「Adobe Reader X」「Adobe Acrobat X」のサポートはすでに終了しているので注意。

ソフトウェア情報

「Adobe Acrobat Reader DC」
【著作権者】
Adobe Systems Incorporated and its licensors
【対応OS】
64bit版を含むWindows 7/Server 2008 R2/8/Server 2012/Server 2012 R2/10
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
15.010.20056(16/01/12)